【M590 Logicool ワイヤレスマウス レビュー】機能的なのにモバイル向き

5.0
スポンサーリンク
M590アイキャッチ マウス
マウス周辺機器

新しいノートパソコンを購入しました。

Prestige-14-A10SC-165JP
Prestige-14-A10SC-165JP

なかなかいい感じです。Windowsで微妙なトラックパッドも、まずまず使いやすくてホッとしています。

とはいっても、やっぱりマウスがあったほうが便利だしラクチン。

眠っていたマウス
眠っていたマウス

新しいマウスを買おうかと思いましたが、自宅に眠っていたマウスがありました。使えるものは使おうと思って、新しいノートパソコンとBluetoothで繋いだら、、、

かなり良い!

3年前ぐらいに購入したM590というマウスですが、とくに問題なく使えています。

スポンサーリンク

M590外観

M590外観
M590

マウスらしい外観。大きすぎず、小さすぎず、ほど良い大きさ。マウスは小さかったり薄かったりすると、使いにくいデバイスです。

Appleのワイヤレスマウス Magic Mouse 2
Appleのワイヤレスマウス Magic Mouse 2

ある程度丸みがあるから、手を置いて動かしたときの違和感がありません。Appleのマウスのような、平ぺったいマウスは、マウスとしては最悪のマウスです。

ぷっくらと丸いのには意味がある
ぷっくらと丸いのには意味がある

この適度な膨らみが大事です。ただ無駄に膨らんでいるわけではありません。適度な膨らみには、ちゃんと意味があるのです。

M590仕様表

Logicool M590の仕様表です。

型番M590GT、M590MG、M590RU
カラーグラファイト トーナル、ミッドグレイ トーナル、ルビー
対応OSWindows、Mac、ChromeOS、Linux、iPadOS
接続方法USBポートにレシーバー、Bluetooth
解像度1000dpi
総ボタン数7(チルト機能含む)
スクロールホイール
特殊機能左右クリック静音仕様
使用電池単三乾電池1本
電池寿命最大24か月
操作距離10m
保証2年間無償保証
寸法103 x 64 x 40 mm
重量101g
M590仕様表

2年間無償保証が嬉しいところ。普通に使っていれば、まず壊れることはないでしょう。

M590機能

丸いボタンは、端末切り替えボタン
丸いボタンは、端末切り替えボタン

マウス上面の丸いボタンは、デバイス切り替えボタンです。

Unifyingレシーバ
Unifyingレシーバ

このUSBドングルを差したパソコンと、Bluetoothで接続したパソコンを切り替えることができます。

使い方としては、自宅でタブレットと同時に使うのが良いでしょう。パソコンにUSBドングルを接続してメインで使いながら、サブ的な作業をタブレットに切り替える。こうすることで、自宅での作業が効率的になります。

サイドの便利なボタン

サイドのボタンは、戻ると進むが割り当てられています。このボタンがあるかないかで、マウスの使い勝手が大きく変わります。パソコンで行う作業の大半は、Webブラウザーで行います。戻る進むボタンがあるだけで、仕事が圧倒的に楽になります。

マウスホイール
マウスホイール

左クリックと右クリックの間にあるのはマウスホイール。画面を上下にスクロールさせることができます。軽いタッチで軽快にスクロールできます。上下スクロールをタッチパッドで行うと、何度も何度も指を上に移動させて下に移動させて、という操作をしなければいけません。

クリクリと指を動かすだけ
クリクリと指を動かすだけ

マウスホイールなら、指でクリクリっと動かすだけ。M590のマウスホイールのフィーリングは、軽いタッチですが、軽すぎず、ほどよい感触。使えば使うほど、気持ちよくなっていきます。

カチッと押し込む感じ
カチッと押し込む感じ

マウスホイールを左右に押し込むと、右や左にスクロールできます。これをチルト機能といいます。

チルト

チルトは傾けるという意味。ホイールを傾ける操作から、チルトホイールと呼ばれる。

チルト機能を搭載したマウスホイールがあるおかげで、Excelで事務作業をするときでも、右や左に簡単に移動できます。

底面に電源スイッチ
底面に電源スイッチ

マウス底面には、電源スイッチ。使わないときはオフにして電池を節約したり、誤動作を防ぎます。

Unifyingレシーバを収納できる
Unifyingレシーバを収納できる

電池が入っている蓋を外すと、マウスレシーバーを収納するスペースが。ここに入れておけば、マウスレシーバーを無くすこともありません。

Logicool Option
Logicool Option

Logicool Optionというソフトを入れることで、M590マウス側面のボタンなどに、戻る進む以外の機能を割り当てることができます。

アプリ毎にボタンの機能を変えることができる
アプリ毎にボタンの機能を変えることができる

使用するソフトやアプリによって、ボタンの機能を変えることができます。Wordなどの文章を作成するアプリを使っているときは、コピーやペーストといった機能を割り当てることもできます。

M590使用感

スッとスムーズな動き
スッとスムーズな動き

とても心地よくスムーズに操作できます。マウスで一番大事なのは、スッと動かしたときの感覚。画面上のマウスカーソルの動きは正確。マウス自体の重さもほどほどで、しっとりとした上質な動き。使ってみないと分からないところが、M590はしっかりと作られています。

戻る進むボタンがあるかないかが大事
戻る進むボタンがあるかないかが大事

サイドのボタンがあるので、ブラウジングも快適。マウスだけで戻る進む、選択ができるので、片手でスススと軽快に操作できます。

ブラウジング

Chromeなどのブラウザーを使って、Webページを閲覧すること。

マウスホイールの動きも軽快でスムーズ。軽すぎないスムーズさで、心地よく操作できます。左右にチルトする機能もあり、左右への移動操作もマウスで可能。このコンパクトさで、マウスに必要な機能が凝縮されています。

マウスとしての機能も十分な上に、2台の端末を切り替える機能や、Logicool Flowという機能もあります。

Logicool Flow – 複数デバイスのコントロールと簡単なファイル共有。

2台のパソコンを操作できるだけではなく、ファイルもドラッグして、違うパソコンに貼り付けることも可能。十分すぎるぐらいに機能性もあります。

こういった特別な機能もありますが、何よりマウスとしての完成度の高さ。これがM590の特徴です。

完成度の高いマウスが、約3,000円で購入できます。どのマウスを買ったらいいか分からない方は、このマウスを買っておけば間違いないでしょう。

マウスカーソルのスムーズさ★★★★★上質なしっとり感
接続の安定度★★★★★Bluetooth接続でも安定している
左クリック右クリック★★★★☆音はほとんどしない
多機能ボタン★★★★☆最低限だけど十分
マウスホイール★★★★☆軽すぎず重すない
チルトホイール★★★☆☆カチッと少し音は大きい
バッテリーのもち★★★★☆いつ電池を取り換えたか忘れるほど
重さ★★★★☆持ち運んでも苦にならない重さ
コスパ★★★★★この値段でこの完成度
総合評価★★★★★迷わず買いたいマウス

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました