【POP MOUSE M370 レビュー】ロジクールらしいモバイルマウス。コスパ抜群

POP MOUSE M370 アイキャッチ マウス
マウス周辺機器

またまたロジクールさんからマウスが発売されました。マウス、キーボードと言ったらロジクール。今回も素晴らしい製品になっています。

鮮やかな色使いが目を惹く
鮮やかな色使いが目を惹く

鮮やかな色が目を惹きます。POP MOUSE M370 というマウスになります。POP MOUSE という名称が付いていることからも分かるように、外で使うシーンを想定したマウスになっています。これまでにない色使いで、安心安定のロジクール仕様。

早速レビューします。

スポンサーリンク

POP MOUSE M370 パッケージ

POP MOUSE M370 パッケージ表面
POP MOUSE M370 パッケージ表面
POP MOUSE M370 パッケージ裏面
POP MOUSE M370 パッケージ裏面
POP MOUSE M370 パッケージ右側面
POP MOUSE M370 パッケージ右側面
POP MOUSE M370 パッケージ左側面
POP MOUSE M370 パッケージ左側面

ロジクールらしい無駄のないパッケージ。パッケージを見るだけで、どんな製品か分かります。

紙だけでマウスをパッケージング
紙だけでマウスをパッケージング

紙だけでマウスをうまく包んでいます。構造を工夫して、衝撃にも耐えられるようなパッケージになっています。

POP MOUSE M370 同梱物
POP MOUSE M370 同梱物

POP MOUSE M370 仕様

本体サイズ高さ104.8 幅59.4 奥行き35.2 mm
対応OSWindows10以降、macOS 10.15以降、Chrome OS、
iPadOS 13.4以降
センサーテクノロジーロジクール高精度オプティカルトラッキング
DPI1000〜4000、交渉値1000dpi
ボタン数4個(左/右クリック、ミドルクリック、
トップボタン付きスクロールホイール
バッテリー単三電池1個(同梱)
バッテリー寿命最長24ヶ月
接続方式Bluetooth 5.1、Logi Bolt USBレシーバー対応
ワイヤレス通信可能範囲約10m
梱包内容ワイヤレスマウス、単三乾電池1個、取扱説明書、保証規定

Bluetoothのバージョンは 5.1。従来のBluetoothより、安定して使うことができます。

POP MOUSE M370 デザイン

やりすぎな色味が最高
やりすぎな色味が最高

このやりすぎな色味が最高です。ありきたりのマウスばかりの中、かなり目を惹きます。さすがPOP MOUSE という名称なだけはあります。

POP MOUSE M370 左から
POP MOUSE M370 左から
POP MOUSE M370 右から
POP MOUSE M370 右から
POP MOUSE M370 後ろから
POP MOUSE M370 後ろから

シンプルで無駄のない作りは、さすがロジクール。コストのかからない作りにして値段を抑えた上に、色使いで個性を出す。

とても3,000円台のマウスとは思えません。

POP MOUSE M370 実際に使ってみて

POP MOUSE M370 を使っている様子
POP MOUSE M370 を使っている様子

ロジクールらしいスムーズで気持ちの良いカーソルのフィーリング。安定してカーソルが動くので、突然マウスカーソルの位置がズレて、不快な気持ちになることもありません。

POP MOUSE M370 をBluetoothで接続
POP MOUSE M370 をBluetoothで接続

M1 MacBook Airと接続して使っていますが、微妙にマウスカーソルがブレるという現象も起きていません。2021年夏からM1 MacBook Airを使っていますが、Bluetoothマウスの安定性がイマイチです。マウスカーソルを動かしたときに、カーソルの動きが少しブレることがありますが、POP MOUSE M370ではブレません。それだけでもPOP MOUSE M370を買った価値があります。

写真準備中(少々お待ちください)

これまで使っていた、ロジクールのPebble M350 とPOP MOUSE M370 を比較。厚みが少し増えたことで、より持ちやすくなり、長時間使用しても疲れにくくなっています。

Apple Magic Mouseは最悪のマウス
Apple Magic Mouseは最悪のマウス

マウスは厚みがある程度ないと疲れるので、Apple Magic Mouse は最悪です。厚みが全くないので、手の甲あたりがつってきます。POP MOUSE M370は持ち運ぶことを考えて極力薄くしながら、持ちやすい厚みを確保。外出先で長時間使っても疲れない、安心のマウスです。

Logi Options でボタンの割り当てを変更
Logi Options でボタンの割り当てを変更

ロジクールのソフトウェアを入れることで、2つのサブボタンに機能を割り当てることができます。

ホイールのボタンを戻るに
ホイールのボタンを戻るに

マウスホイール中央の押し込むボタン。

絵文字ボタンをMission Controlに
絵文字ボタンをMission Controlに

その下にあるボタン。

この2つに機能を割り当てることができます。マウスの側面ではなく、ここにサブボタンを持ってきたのは大正解。サイドにボタンを配置すると、マウスの厚みが今の倍は必要になるでしょう。モバイル用のマウスとしてコンパクトさを確保しつつ、機能面でも妥協しない。ロジクールらしい拘りを感じます。

僕の使い方は、戻るとMission Controlを割り当てています。SafariやChromeなどのブラウザーを使っていると気に一番使う操作は戻る。あまり進むは使わないので、戻るだけ割り当てられれば十分。割り当てる箇所ですが、クリックをする位置の横にある、ホイールスクロールボタンに割り当てました。ここに割り当てることで、指を下に動かすことなく、人差し指だけで戻ることができます。

その下にある丸いマークのボタンに、Mission Controlボタンを割り当て。他のアプリに移りたい時に、少し下に指をずらして押します。

裏面に接続先切り替えボタン
裏面に接続先切り替えボタン

マウスの底には、電源スイッチと、Bluetoothの接続先の切り替えボタン。最大3台まで接続して、切り替えて使うことができます。いちいち本体をひっくり返さないといけませんが、誤動作を防ぐためにも、この位置で正解でしょう。POP MOUSE M370の公式サイトを見ると、想定しているユーザーが、一般的な若者を想定しています。コミュニケーションが重視されるユーザーということで、中央のボタンに、絵文字ボタンを割り当てているのでしょう。年配のユーザーが思っている以上に、若者たちのコミュニケーションは大事です。自己表現の一部として、絵文字は無くてはならないものです。

バランスの良いマウス
バランスの良いマウス

安定したスムーズなカーソルの挙動に、便利な2つの割り当てボタン、3台までの機械を切り替えて使える。それでいてバッテリーのもちは2年ほど。使いやすい厚みとコンパクトさを両立した、素晴らしいモバイルマウスです。

POP MOUSE M370バッテリー持続時間

単三電池1本で24ヶ月もつ
単三電池1本で24ヶ月もつ

単三電池1本で、最大24ヶ月も使えます。24ヶ月って、約2年です。ほぼバッテリー切れとは無縁です。もしバッテリーが無くなっても、近くのコンビニや100円ショップで単三電池を買うだけ。

毎日充電することなく使える安心。ストレスなく持ち運べる素晴らしいマウスです。

POP MOUSE M370 は買い!

M1MacBook Airと接続して使用
M1MacBook Airと接続して使用

僕が求めいていたマウスが、POP MOUSE M370 です。見た目よし、携帯性よし、接続安定性よし、機能よし。値段も手頃ですし、POP MOUSE M370を買っておけば、不満はないでしょう。

外でノートパソコンやMacBook Airに接続して使うマウスを探している方は、POP MOUSE M370の購入を検討してみてください。

Spigen iPhone13 Pro 用 ケース マグ・アーマー

カーソルの動き★★★★★ブレなく動く
機能★★★★☆2つの機能を割り当てれる
デザイン★★★★☆POPな色使いが最高
使いやすさ★★★★★サイズ感、重さバランスがいい
総合評価★★★★★モバイルマウスとして最高におすすめ
評価

ロジクールPOPワイヤレスマウス 公式サイト

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました