iA Writer Windows版の使い方を解説

iA Writer Windows版の画面
スポンサーリンク

ついにリリースされたiA WriterWindows版。キックスターターでバックした方しか使えませんが、正式なリリースも近いでしょう。

正式に日本語に対応していないために、メニューが英語になっています。難しいアプリではないため、すぐに使えるようになると思いますが、使い方を解説します。

メニューを表示させる

真っ白なウインドウ

iA Writerを立ち上げると、真っ白な画面が表示されます。とにかく文字を打つことに集中できるようになっているため、このような仕様になっています。初めて使ったときは戸惑うかもしれませんが、マウスカーソルをiA Writerのウインドウ上部にもっていくと、スッとメニューが表示されます。

上のほうにカーソルをもっていく

メニューから文字の装飾などを指示できますが、キーボードショートカットでも操作できる項目もたくさんあります。

順番に解説していきます。

File

新しい文章を作成したり、すでに作ってある文章を開いたり、作成した文章を保存するときに使います。他のソフトウェアでもよく使うメニューで、パソコンで一番大事なメニュー項目でしょう。

New

File
Save
新しい文章を作成するときに使います。すでに文章を作成しているときでも、このメニューを実行することで、真っ白な画面になります。

Ctrl+N

キーボードで「Ctrl+N」を押しても、新しい文章を作成できます。

Open

File
Open
すでに文字を打った文章、保存してあるデータを開くときに使います。

Ctrl+O

キーボードで「Ctrl+O」を押しても、違う文章を開くことができます。

開けるファイルは、md、txt、xlsxという拡張子が付いたファイルのみ。マークダウン形式、テキスト形式、エクセル形式の3つのファイルを開くことができます。

汎用性の高いtxtファイルで保存して、txtファイルを使うようにしましょう。

Save

一番大事な文章の保存です。
File
Save
で文章を保存できます。
初めて保存するときは、何処に保存をするのか、どういったファイル名で保存するのか指定してください。

一度保存した後に、「Save」を実行すると、上書き保存になります。

Ctrl+S

キーボードで「Ctrl+S」と押しても文章を保存できます。慣れてきたら、「Ctrl+S」でサッと文章を保存しましょう。

File As(ファイル名を変えて保存)

すでに保存した後で、ファイル名を変えて保存したいときに使います。
File
Save As
で実行すると、データを保存する画面が表示されます。

※写真

どこに、どういったファイル名で保存するのか指示できます。同じような文章で、少しだけ内容を変えたいときなどは、ファイル名を変えて、二つのファイルを残したりします。

自分の文章のフォーマットのようなものを作成して保存しておき、それを修正して文章を作っていき、違うファイル名にして、新しい文章として保存するという使い方をするときに使えます。

Export

作成した文章を書きだす機能です。Mac版のiA Writerだと、作成した文章をWordPressに飛ばせますが、Windows版ではHTML形式に変換して保存することしかできません。

今後のバージョンアップで、このExportという機能が増えていき、より便利になっていくでしょう。

Show in Explorer

今タイピングしている文章が、どこに保存してあるか表示します。スマートフォンと違ってパソコンは、作ったデータがどこにあるか理解しておく必要があります。保存してある場所が分からなくなったら、Show in Explorerで確認してください。

Print

File
Print

と操作すると、作成した文章を印刷できます。プリンターが接続されていれば、自宅のプリンターで印刷できます。

Ctrl+P

「Ctrl+P」とキーボードで操作しても、プリントできます。

プリントするだけではなく、PDFファイルに変換して保存することもできます。AcrobatなどのPDFアプリケーションがインストールされていると、印刷を指示する画面で、Adobe PDFという項目がでてきます。

※写真

ここを選択することで、作成した文章をPDFファイルにして保存できます。PDFファイルで保存すれば、Wordのようなアプリケーションで作成したような感じになります。

ビジネス文章などをiA WriterのWindows版で作成して、メールで送るときに役にたつでしょう。

Quit

File
Quit
iA Writerを終了するときに使います。ウインドウ右上の×マークをクリックしても終了できますが、操作ミスをしたくない方は、Quitから終了しましょう。

Edit

文字をコピーして貼り付けるときに使います。 文章を作成する上で、コピーやペーストはよく使いますが、キーボードショートカットで操作したほうがいいでしょう。

Undo

Edit
Undo
間違えて文字を打ってしまったり、間違えて文字を消してしまったときに使います。Undoを実行すると、ひとつ前の状態に戻ることができます。

Ctrl+Z

「Ctrl+Z」とキーボードで操作しても、ひとつ前の状態に戻れます。間違えて文章を消してしまったようなときは、「Ctrl+Z」と操作して、いっきに元の状態に戻しましょう。

Redo

Edit
Redo
Undoでひとつ前に戻したけど、やっぱり元に戻したいときに使います。

Ctrl+Y

「Ctrl+Y」とキーボードで操作しても、元に戻すことができます。「Ctrl+Z」を3回ぐらい押して、戻りすぎてしまった場合は、「Ctrl+Y」と操作して、一つ前に進むことができます。

アプリケーションの使い方に慣れてくると、UndoとRedoはよく使う操作になります。

Cut

Edit
Cut
文章や単語を選択した状態でCutを実行すると、選択していた部分の文字をカットできます。カットした後は、Pasteで文字を貼り付けます。

Undoでひとつ前に戻したけど、やっぱり元に戻したいときに使います。

Ctrl+X

「Ctrl+X」とキーボードで操作しても、文字をカットできます。Cut、Copy、Pasteは、テキストエディタで一番よく使う機能です。必ずマスターしておきましょう。

Copy

Edit
Copy
文章や単語を選択した状態でCopyを実行すると、選択していた部分の文字をコピーできます。コピーした後は、Pasteで貼り付けることができます。Cutと違ってコピーは、何度でもその文字を貼り付けることができます。

Ctrl+C

「Ctrl+C」とキーボードで操作しても、文字をコピーできます。

Cliborといったコピペアプリを使うことで、よく使う文字をコピーしておいて、他の文字をコピーした後にも、すぐに貼り付けることが可能になります。

テキストエディタの使い方をマスターしてきたら、コピペアプリも調べてみてください。

Delete

Edit
Delete

選択している文字を消すことができます。キーボードのDeleteキーでも同じ操作ができるので、この項目はあまり使わないでしょう。

Select All

Edit
Select All

作成した文章をすべて選択するときに使います。すべて選択したあとに、コピーし、他のアプリケーションに貼り付けるといった操作をするときに使います。

Ctrl+A

「Ctrl+A」とキーボードで操作しても、すべての文字を選択できます。

現在の仕様では、ExportでWordPressに飛ばすことができないので、Select Allはよく使うことになるでしょう。

Find

Edit
Find

長い文章の中から、特定の単語や文字を探したいときに使います。

※写真

Findを実行すると、上のほうに検索窓が表示されます。ここに探したい文字を打ち込むと、その文字がある場所を示してくれます。

Ctrl+F

「Ctrl+F」とキーボードで操作すると、すぐに文字を検索することができます。

かなり長い文章を作る方は、この検索機能を使って、修正したい文字などを素早く探せます。

Find Again

Edit
Find Again

最後にFindで検索した文字で、再び検索したいときに使います。検索窓に文字を入力せずに検索できるので便利な機能です。

他のテキストエディタではあまり見かけない機能です。さすがiA Writer。細かいところで気が利きます。

Find and Replace

Edit
Find and Replace

作成している文章の、単語や文章を置き換えるときに使います。

※写真

Find and Replaceを実行すると、検索窓の下にもうひとつ窓が表示されます。まず検索窓に修正した文字を入力すると、その文字の場所が示されます。

次に置き換えたい文字を入力してenterキーを押します。検索した文字を、今入力した文字に瞬時に変更できます。

微妙に文字を間違えていたときに、Find and Replaceを使うと、簡単に文字を修正することができます。

あまり使わない機能ですが、うまく使うと便利な機能です。

Replace All

Edit
Replace All

Find and Replaceで打ち換えた文字を打ち直した後に、また打ち直したいときに使います。

修正した単語や文章が、修正する前の文字が正解だったときに使います。珍しい機能ですが、うまく使っていきましょう。

Format

文字の装飾を指示するときに使います。部分的に文字を強調したりするときに使います。

Body Text

  1. Format
  2. Body Text

見出しなどで装飾した文字を元に戻すことができます。強調しようと思ったけど、やっぱり元に戻したいときに使う機能です。

Emphasis

  1. Format
  2. Emphasis

ずらずらっと並べないで黒い丸を文頭につけます。

Ctrl+I

「Ctrl+I」と操作しても、文頭に●を打てます。

Strong(文字の強調)

  1. Format
  2. Strong

文字を強調するときに使います。選択した文字にStrongを実行すると、太字になります。

Ctrl+B

「Ctrl+B」と操作しても、文字を太字にできます。何もないところでCtrl+Bと操作すると、が入力されます。このの後に文字を入力して、その後にと入力して、で囲ってやると、その部分が強調されるようになっています。

Headings

見出しを作るときにつかいます。大きな見出し、もう少し小さな見出し、さらに小さな見出し。6段階まで見出しを指示することができます。1が一番大きな見出しで、6が一番小さい見出しになります。

Headings 1

  1. Headings
  2. Headings 1

一番大きな見出しを作れます。ブログをやっている方だけではなく、ビジネス文章を打つ方も使います。

文章の見出しにしたいところで、この項目を選択すると、#が文頭に追加されます。マークダウン形式という打ち方だと、文頭に# 「シャープ半角スペース」で見出し1になります。#を消してしまうと、見出しじゃなくなってしまいますので注意してください。

Ctrl+1

「Ctrl+1」とキーボードで操作すると、1番目に大きい見出しを作れます。

Headings 2

  1. Headings
  2. Headings 2

題名の次に大きな見出しになります。文章の話題が変わるような箇所で、このHeadings2を使って、見やすい文章にしていきましょう。

Ctrl+2

「Ctrl+2」とキーボードで操作しても、二番目に大きい見出しを作れます。

Headings 3から6

Headings
Headings 3、4、5、6

見出しは6サイズ作ることができます。文章に必要なサイズの見出しを選択してください。

Ctrl+3、4、5、6

サイズによって、押す数字キーを変えてください。

Lists

ズラズラっと項目を並べたいときに使います。

手打ちで項目を作らなくても、この項目を指示してやることで、enterキーを押すと、次の行もリストになって、すぐに文字を打つことができます。

Unordered List

  1. Lists
  2. Unordered List
  • Apple
  • Sony
  • Samsung

●を先頭に表示するリストです。文字を打つ前にUnordered Listを選択すると、文頭に- がに入力されます。この状態で文字を打って、enterを押して改行すると、次の行の文頭にも- が入力されます。改行するたびに、次のリストを入力できます。

リスト入力を完了するときは、改行した後に文字を入力せず、enterを押して改行してください。

Ctrl+L

「Ctrl+L」とキーボードで操作しても、文頭に- を入力できます。分かりやすい文章を作るには、必須の機能です。キーボードショートカットを覚えておきましょう。

Ordered List

  1. Lists
  2. Ordered List

1、2、3と数字で並べていくリストです。いちいち数字を手打ちしなくても、Ordered Listを選択すれば、簡単に数字でリストを作れます。

  1. 名古屋
  2. 大阪
  3. 神戸

順位付けをするようなリストを作れます。

Ctrl+Shift+L

「Ctrl+Shift+L」とキーボードで操作すると、文頭に1を入力できます。改行して文字を入力すると、2、3、と順番に数字でリストを作っていけます。

Task

  1. Lists
  2. Task

チェックマーク付きのリストを作れます。

  • [ ] 牛乳を買う
  • [ ] 卵を買う
  • [ ] りんごを買う

文頭に- []という記号が入力されますが、これがチェックマーク付きのリストになります。改行すると、次の行にチェックマーク付きのリストを作れます。

ToDoリストのようなもの、これで作れます。

Check Task On/Off

  1. Lists
  2. Check Task On/Off

Task機能でチェックマークを入力できるボックスを作ってから、チェックマークを入れた所のチェックマークを付けたり、消したりできます。

  • [ ] 牛乳を買う
  • [ ] 卵を買う
  • [ ] りんごを買う

1行目の牛乳を買うにチェックマークを入れた後に、Check Task On/Offを押すと、チェックマークを外せます。再度Check Task On/Offを選択すると、チェックマークが入ります。

Table

表を作るときに使います。ただ文章を作るだけではなく、エクセルのような表も作れます。文章の途中に、分かりやすい表を入れることで、より説得力のある文章になるでしょう。

Add Table

  1. Table
  2. Add Table

下記ののような文字が入力されます。

Header_One Header_Two
Item_One Item_Two

一番上が見出し、二番目の行が文字の左寄せ、中央寄せ、右寄せの指定。3番目の行は項目の内容です(:—-:は中央寄せ、—-:と入力すると右寄せ)。さらに下の行を増やしていくときは、3行目をコピーして、その下の段に貼り付けて、項目を書き換えてください。

HTMLで小難しい英単語を打たなくても、簡単に表を作ることができます。うまく表を作って、見やすくて分かりやすい文章を作成しましょう。

Table of Contents

  1. Table
  2. Table of Contents

と操作すると、見出しが目次のように並びます。「 {{TOC}} 」という文字が入力されますが、ここに見出しがズラッと並び、見出しをクリックすると、その見出しまで飛びます。

Link

ブログやホームページを作るのに必須のリンクです。今やネットに繋がっているのが当たり前です。ビジネス文章にも、Webページのリンクを入れることも多いでしょう。この機能で、リンクを挿入できます。

Add Hyper Link

  1. Link
  2. Add Hyper Link

と操作すると、リンクする文字を作れます。

先にWebページのアドレスをコピーしておき、iA WriterでAdd Hyper Linkを実行すると、コピーしておいてアドレスが入力されて、リンクを張る文字を入力できる状態になります。

link_text の部分に、リンクを張る文字を入力します。

しあわせなITせいかつ

少々操作に癖がありますが、慣れれば便利な機能です。ブログを書く方には必須の機能です。

Add Footnote

[^name]

Embed Image

  1. Link
  2. Embed Image

写真を挿入することができます。今のところ、WordPressに文章と写真を転送することはできないので、紙で印刷する文章の中に、写真を入れたいときに使います。

もうWordがなくても、iA Writerがあれば十分でしょう。

Embed Textfile

  1. Link
  2. Embed Textfile

と操作すると、その箇所にテキストファイルを挿入できます。

色々試していますが、テキストファイルの文章が入力される訳ではなく、そのテキストファイルのリンクが挿入されるだけです。

使い方がよく分からないので、もう少し調べます。

Embed CSV

  1. Link
  2. Embed CSV

と操作すると、その箇所にエクセルなどのCSVファイルを挿入できます。

この機能もうまく使えていません。もう少し調べてみます。

View

文字を打っている画面の見え方を変える機能です。より集中してタイピングするために、色々と設定を変更しましょう。

Focus

Typewriter Scrolling

Paragraph

Sentence

Off

Full Screen

  1. View
  2. Full Screen

と操作すると、ウインドウ表示から、全画面表示になります。ただ文字だけを打ちたいときは、フルスクリーンモードにして、ひたすら文字を打ちましょう。

F11

F11キーだけ押せば、瞬時にフルスクリーン表示になります。

Night Mode

  1. View
  2. Night Mode

背景が黒になります。背景を暗くしたいときは、このモードを使いましょう。

Ctrl+Shift+D

「Ctrl+Shift+D」とキーボードショートカットで操作しても、瞬時に背景が黒くなります。

SpellCheck

Show Hidden Characters

Line Length

Text Size

表示されている文字のサイズを変更します。使っているパソコンの画面サイズによって、適正なサイズは変わってきます。

13インチで1920×1080の解像度のPCだと、18サイズがちょうど良い感じです。

Preview

作成している文章を別ウインドウに表示させます。ただ表示させるだけではなく、見出しやリストなどの装飾を反映した状態で表示します。

「Ctrl+R」

「Ctrl+R」とキーボードを押すと、瞬時にプレビューを表示したり消すことができます。

※写真

左側で文字を入力し、右側にプレビューを表示させながら文章を作成するといいでしょう。

Help

iA Writer Windows版のバージョンや、操作説明のページなどを確認できます。
文章を作成するのには必要ない箇所なので、説明は省きます。

まずは文字を打ってみよう

日本語に対応していませんが、とくに問題なく文章を作成できます。これから日本語に対応すれば、フォントなどを変更することもできるようになるでしょう。

より美しい文字でタイピングできるようになれば、もっと集中して文章を作成できるようになります。

今後のバージョンアップに期待しつつ、今回の解説を終わります。

 

スポンサーリンク


iA Writer Windows版の画面



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。もしよかったら購入してください。アフィリエイト収入として、売り上げの一部が入ってきます。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。