Bluetoothキーボードの中でLogicoolK380が一番好き

スポンサーリンク

最近の僕は、極力荷物を少なくしてオシャレをしようという方向です。

荷物が多い、鞄が重い=ダサい

荷物が多くなればなるほど、ファッションの幅が狭まります。ノートパソコンを外に持っていくと、どしても鞄が大きくなってしまいます。大きい鞄でお洒落に見えるファッションにすると、ファッションの幅が狭まります。

手提げの鞄にノートパソコンを入れると、重すぎて辛い

手提げ鞄にノートパソコンを入れると、重すぎて長時間歩くのは困難です。大人向けのファッションをすると、ノートパソコンを持って行くのは現実的ではありません。

とはいっても、外でブログを書きたい。そういうときは、スマートフォンとBluetoothキーボードとの組み合わせを選択することになります。ノートパソコンより使い勝手は少々劣りますが、文字を打つだけなら大丈夫。漢字変換システムの違いはありますが、慣れの問題です。キーボードの感覚さえ自分に合えば、何の問題もありません。

キーボードの打ち心地が大事な理由

なぜキーボードの打ち心地が大事なのでしょうか。文章を作るには、キーを長い時間叩き続けなければいけません。ずっとキーを叩き続けるには、不快な感触では続きません。キーボードの打ち心地がよくなければ、長い時間タイピングできないのです。

これまでたくさんのキーボードを叩いてきましたが、最近気に入っているキーボードを紹介します。

Logicool K380

今回紹介するのは、Logicool K380というワイヤレスのキーボードです。USB端子にドングルを付けて使うタイプのものではなく、Bluetoothで接続するタイプになります。

スマートフォンでキーボードを使うには、Bluetoothで接続するタイプが1番。キーボードとスマホが直接データのやり取りをするので、何か機械をかます必要はありません。

たくさんのBluetoothキーボードが発売されていますが、ロジクールというメーカーのキーボードがおススメです。

株式会社ロジクール(Logicool Co Ltd.)は、コンピュータ周辺機器をはじめ、ゲーミング、ミュージック、ビデオなどの分野におけるデジタルデバイスの開発を行うLogitech International S.A.(SIX: LOGN, NASDAQ: LOGI)の日本法人である。同社の製品を日本においてはLogicoolブランドで販売している。

※Wikipediaから引用
ロジクールホームページ

数え切れないほど沢山の周辺機器を発売しているメーカーです。とくにマウスとキーボードは、たくさんのモデルが発売されています。どの商品も使いやすい製品になっており、コストパフォーマンスが高いものばかり。

そんなロジクールのBluetoothキーボードの中でも気に入っているのが、Logicool K380というキーボードです。

デザイン

丸いキーが印象的なキーボード

シンプルなデザインですが、丸いキーが目を引きます。キーボードのキーといったら、四角いキーが一般的です。キーが丸いので、キーの打ちやすさが心配になりますが、違和感なく高速タイピングができます。

丸いキーでも、キーの打ちやすさに悪影響はないので安心してください。

キーボード右側

キーボード左側

キーの表面に、文字シールが貼られています。かなも印字されているので、スタイリッシュさにかけます。

左上に接続機器を切り替えるボタンが3つ

色は全部で3色あります。好きな色を選んでください。左上の機器切り替えボタンがよいアクセントになっています。

電池を入れる蓋のみ

単4電池が2本

裏面には単4電池を入れる蓋があります。蓋以外に切り欠きはなく、スッキリとまとまっています。

丸いキーをうまく活かしつつ、スッキリとしたデザインにまとめあげられています。

デザイン評価

★★★★☆
丸いキーが印象的なデザインです。

仕様

Bluetoothのバージョンは3.0。バッテリーは充電式ではなく、単4乾電池2本という仕様です。バッテリーのもちは、最大2年間とのこと。バッテリー切れの心配はないでしょう。もしバッテリーが切れてしまっても、コンビニで単4電池を買ってこれば解決です。

  • キーの数は84
  • キーピッチは18mm
  • キーストロークは1.5mm
  • キーの押し圧は60g

少々キーが硬く感じるのは、押し圧が60gだからでしょうか。仕様全般は、ワイヤレスのキーボードとして問題ない仕様です。

仕様評価

★★★★☆
充電式じゃないところが欠点でもあり、良いところもでもあります。

Logicool K380の良いところ

キーピッチと打ち心地

意外に打ちやすい丸いキー

丸いキーになっているので、タイピングミスが心配になりますが、一般的なキーボードのキーと変わらない感覚でタイピングできます。キーが丸いだけで、キーピッチは18mmを確保しています。ほぼフルサイズのキーボードと同じ感覚でタイピングできます。

ブラインドタッチができる人が打てば、打ちやすいキーボードだと感じるでしょう。

※カッチリしたタイピング感を表す音(準備中)

カッチリとした打ち心地が、K380を好きな最大の理由です。Bluetoothキーボードは、携帯性を上げるために軽いものが多く、キーの押し心地が犠牲になっています。キーボード自体を軽くしなければいけないので、どうしてもキーのカッチリ感がありません。しかし、Logicool K380は、見た目からは想像できないカッチリ感があります。

Bluetoothキーボードとは思えない、カッチリとした押し心地が、Logicool K380の良いところです。

Logicool K380の悪いところ

カッチリとした押し心地とトレードオフになっているのが重さです。Bluetoothキーボードとは思えないカッチリ感は、この重さが実現しているのでしょう。重いといっても、持ち運ぶのが苦痛になるレベルではありません。Bluetoothキーボードにしては重いというレベルです。

スッと鞄に入るコンパクトさ

折り畳んだりすることはできませんが、形状的にはコンパクトです。鞄にもスッと入るので、携帯性は上々です。

打ちやすくて携帯性も良いBluetoothキーボード

鞄の中に入れておけば、いざというときに活躍してくれます。もし使わなくても、タブレットほど重くないので苦になりません。Logicool K380を鞄に入れておけば、長い文章を作ることになっても心配無用です。

これで文字が快適に打てる

下手なノートパソコンを持っていくより、スマホとLogicool K380のほうが効率がよいと感じるぐらい良いキーボード。

Logicool K380とスマートフォンの組み合わせで実現する、快適な生活を体験してみてください。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。