書評「赤本」高城剛。遠慮のない言葉がここに

スポンサーリンク

高城剛さんの新刊が発売されました。たくさんの書籍を発売している高城さんですが、今回の本は電子書籍でしか読めません。紙の本では発売できない内容のため、電子書籍でしか発売できないのでしょう。

本の形態は、毎週発行しているメールマガジンの読者からの質問に、高城さんが答えるという形態です。Q&Aという形なので、暇があるときに少しずつ読むことができます。

これまで白本、黒本とリリースしてきましたが、今回は赤本です。今回のテーマは健康。デジタルガジェットオタクともいえる高城さんですが、大の健康マニアです。最新の医療が、最新のデジタル機器で急速に変化しています。そういったこともあって、健康に対する感心も高くなったようです。

本を読むと分かりますが、医療業界、薬品業界に対する忖度がないので、嘘偽りのない言葉ばかり。高城さんの言葉が全てではありませんが、読み手に新しい知見を与えてくれる1冊なのは間違いありません。

赤本の特徴

  1. Q&A形式なので読みやすい
  2. すきま時間を使って読める
  3. 日本では表に出ない話が満載
  4. 高城氏が実践して得た知見を享受できる
  5. 日本の医療の良い点と悪い点も分かる

これが赤本の特徴です。

高城さんの本が支持を得る大きな理由のひとつが、最後に希望のある言葉が書いてあるからでしょう。今回の本も、高城さんらしい言葉で締めくくられています。是非、自分の目で確かめてほしいと思います。

本の内容

全部で85の質問に答えています。

その中から、興味深い質問をあげます。

  • 今後死なない人間が登場するって本当ですか?
  • 予防接種は受けてますか?
  • やはり医療用の大麻は、効くのでしょうか?
  • 医療用大麻について正しい知識を身につけるには?
  • 嗜好品としての大麻の可能性は?
  • 医療の発達に対して、既得権益者はどう対抗してくるのでしょうか?
  • レーシックの安全性ってどうなんでしょうか?
  • グルテンフリーについて知りたいです!
  • サプリメントってどうなんでしょうか?
  • 朝勃ちが止まりません……。
  • 子供の自閉症の治療について
  • 目の下のしつこいクマに悩んでいます。
  • 日本でできるがんの最新医療について教えてください。
  • 「気力」とはなんでしょうか?

他にもたくさんの質問がありますが、面白い質問ばかりです。医療用大麻は効くのでしょうか?という、日本では禁句のような質問もあります。常に移動し、地球が住所になっている高城さんにしか答えられないものばかり。海外では承認されていて日本では承認されていない理由も、所々に簡潔に書かれています。

医者を信じすぎる日本人ですが、多面的に症状を理解し、自分で判断する必要があります。

洋服を選ぶように、医療を選ぶ時代。ともにセンスが問われる時代なのです。

はじめに書かれているこの言葉こそが、今の日本人に必要なものなのかもしれません。先生に言われたまま判断するのではなく、あらゆる方法を模索し、自分で判断しなければいけないのでしょう。インターネットが普及し、世界の壁がなくなりました。どんな情報も手に入れられるようになったからこそ、自分で判断する必要があります。LCCの拡大により、世界へ飛び立つ障壁も下がりました。情報だけではなく、行動する壁も取っ払って、世界の診療を受ける時代になったのです。

この本を手に取って、健康と医療について考え直しましょう。

YUYA
誰が呼んでもためになる内容が、なんと280円。牛丼より安い価格で健康になれます。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。