SuicaエラーC110が出たら、まずはiPhoneを再起動

スポンサー

年の瀬に、色々と不具合が多発しております。Apple Watch Series2のSuicaで改札を通った後、iPhoneのSuicaアプリでチャージしようとしたところ、、、

チャージができない

いきなりエラーが出ました。アプリの調子が悪いのだろうと思い、アプリをシャットダウンして、再度立ち上げてみても、同じエラーが表示されます。

Apple PayのSuicaが壊れた! Suicaの復旧方法と注意点 – ポイ探ニュース

ネットで「Suica C110」で検索したところ、一度Apple Watch Series2に入っているSuicaカードを削除して、新しくSuicaカードを発行すると直るとのこと。

iPhoneに入っている、「Watchアプリ」を立ち上げて、「WalletとApple Pay」をタッチ、「My Suica」を選択、一番下まで画面をスクロールして、カードを削除をタッチ。

これでApple WatchからSuicaカードが削除されます。

エラーが解除されるかと思いきや、、、また同じエラーがでます。考えても仕方がないので、翌日再びSuicaアプリを立ち上げてみましたが、エラーC110が表示されます。もう一度、WatchアプリからApple Watchに入っているSuicaカードを削除しましたが、エラーC110は消えません。

どうしていいのか分からなくなりましたが、困ったときは再起動。

iPhoneを再起動

iPhoneを再起動してみたところ、何事もなかったかのように、Suicaアプリが立ち上がりました。

ちゃんとチャージもできた

原因は不明ですが、Apple Watchに入っているSuicaカードを削除する前に、まずはiPhoneを再起動してみましょう。

残高はどうなる

Suicaカードを削除すると、残高はどうなるのでしょうか。残高が残っている状態で削除しても、Suicaにチャージされている金額は、しっかりとiCloudに保管されています。保管されている残高を新しいSuicaカードに復元することになるので、残高が無くなる心配はいりません。

削除したカードにチャージされていた金額は、また復元できるのでご安心を。

同じようにSuicaのエラーC110が出た方は、iPhoneを再起動してみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。