紙のようにKindleを活用する方法(iPad編)

紙のようにKindleアイキャッチ画像
スポンサーリンク

電子書籍がようやく一般化してきました。Kindle Paperwhiteで本を読む人を、電車の中でよく見かけます。日本でKindleが使えるようになったのが、2012年10月。6年という年月はかかりましたが、コンピュータで本を読むという文化が定着しました。

電子書籍を語ると話題になるのが、紙のほうがいいということです。慣れないことを始めた時は、今までの方法のほうがラクチンです。新しい方法をとると、慣れるまで微妙なストレスがあります。

単純に紙のほうが読みやすいということもあるかもしれませんが、これは完全に慣れの問題です。電子書籍を100冊も読めば、紙とディスプレイの違いのよる、読書のしやすさは解決します。

電子書籍最大の問題は、別のところにあります。

余白に手書きのメモを書けない

紙の本は、コンピュータの決まりはありません。紙を折り曲げたりやぶったり、紙に自由に文字や絵を書けます。制約のない自由な使い方ができるのが、紙の良いところです。

電子書籍にはコンピュータのルールがあります。使うアプリによって、できることが決まります。AmazonのKindleには、Kindleのルールがあります。

Kindleのメモ機能

Kindleにはメモ機能があります。紙のようにメモを自由に書くのではなく、コンピュータらしいテキストでメモを残す機能になります。

マーカーは引けるが、このページに直接メモは書けない

マーカーを引いたところを、別のページでまとめて見ることしかできない。

黄色や赤の線でマーカーを引いたり、付箋で記録したり、辞書で言葉の意味を調べたり。読書に必要な機能を備えてはいますが、あまり活用できないのが現実です。

線を引いてもテキストでメモを打ち込んでも、後で読み返すことはありません。本の文章の中にメモがあるのではなく、画面が切り替わってメモが表示されるため、メモと本の内容がリンクしないからです。

紙の本のように、文章の近くにメモを書ける方法はないだろうか。電子書籍最大の問題を解決する方法がありました。

スクリーンショットに手書きのペンで書く

Kindleアプリは手書き機能に対応していません。マーカーを引くことはできますが、そのページにメモを直接書けません。

Kindleの機能としてないとなると、他の方法で実現するしかありません。

スクリーンショット

見ている画面を撮影する機能です。iPhoneが作り出した素晴らしい機能のひとつですが、これをKindleで利用します。

スクリーンショットを撮った後に、手書きの文字や絵を描ける機能があります。スクリーンショットに書き込むことで、本の余白にメモを書きます。

手書きのペン

指でも文字は書けますが、細かく文字は書けません。ペンが使えるデバイスがベストです。

Apple Pencilが使えるiPadで、Kindleの読書法を紹介します。

iPadとApple Pencilでのやり方

手書きのペンが使えても、使う機械によってやり方が違うので、今回はiPadとApple Pencilという組み合わせに絞ります。

iPadにApple PencilがくっつくiPadじゃなくても、Apple Pencilが使えるiPadなら、今回紹介する方法が使えます。iPadとApple Pencilを持っていない人は、iPad(第6世代)Apple Pencilを購入しましょう。

Kindleを紙のように使う流れは以下の通りです。

  • メモをしたいページでスクリーンショット
  • 左下のサムネイルをタッチ
  • 手書きできるモードで、自由にメモを書く
  • 写真(Jpeg)として保存

この流れで、紙のようにメモをすることができます。

スクリーンショットを撮る手間を軽減する方法

スリープボタンとホームボタンを押すと、スクリーンショットが撮れます (ホームボタンがないiPadは、スリープボタンと音量上げボタンの同時押し)。

毎回指を画面外に動かしていては、読書に集中できません。画面内で全ての操作を完結できる方法を紹介します。

AssistiveTouchを表示させる

ホームボタンの代わりとなるボタンを画面に表示させ、スクリーンショットを撮れるようにします。

  • 設定
  • 一般
  • アクセシビリティ
  • AssistiveTouch
  • AssistiveTouchをオン
  • カスタムアクションのシングルタップ
  • スクリーンショットを選択

画面に表示される疑似的なホームボタンを押すと、スクリーンショットが撮れるようになります。

これなら瞬時に画面を撮影できます。いちいち腕を動かす必要がないので、楽にスクリーンショットが撮れます。

簡単にスクリーンショットを撮る方法

OneNoteを使ってまとめる

スクリーンショットにメモをしても、写真として保存されるだけです。ただ写真として保存していては、Kindleでマーカーを引いているのと変わりません。手書きのメモをひとつにまとめ、さらにメモを加えることで、読書の質を高めます。

OneNoteでまとめる

複数の手書きメモをまとめるのに、OneNoteを使います。少々癖のあるアプリですが、自由に手書きの文字を書いたり、写真を貼ったり、テキストを打ち込めます。

大きな紙を自由に使えるOneNoteなら、読了後の復習に最適です。

  • 手書きのメモを加えたスクリーンショットを貼り付ける
  • キーワードやメモを書く
  • 要点を整理することで、自分の中で答えを見つける

OneNoteに手書きメモをまとめることで、その本が伝えたいことが見えてきます。すべての作業がiPadだけで完結します。これが紙の本だと、紙の本にメモをし、そのメモを読み返しながら、紙のノートにまとめ直す必要があります。

これがiPadだと、Kindleで本を読む。スクリーンショットでとApple Pencilで手書きのメモを書きこむ。本体内に保存されているスクリーンショットをOneNoteにまとめる。OneNoteのノート内にメモ(スクリーンショット)を貼り、そこに補足したり、新しい答えを書き込んでいく。

メモをした本のページをノートに貼れて、さらに手書きで自分の考えを書き込める。

全てがiPadという端末に入っています。紙では出来ない、デジタルが実現する読書法です。

手書きでメモを書くことで読書の質が高まる

手書きのメモを書けるのが、今回紹介する最大のポイントです。ただ読むだけになってしまいがちな電子書籍。せっかく本を読んでも、あまり頭に入ってきません。紙の本以上に読書の質を高める方法が、今回紹介した読書法です。

電子書籍は好きじゃないという方も、今回紹介した方法を試してみてください。

iPad(第6世代)をお値打ちに購入する方法は、以下の記事を参照してください。

ベストバイiPad(2018)アイキャッチ画像

結論 ProではなくiPad(第6世代)がベストバイ

2018年12月15日

 

スポンサーリンク


紙のようにKindleアイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。