iPad用マウスは「Pebble M350」がベスト

PebbleM350アイキャッチ画像 iPad
iPad

痒いところに手が届かないiPadも、痒いところに手が届くようになっていました。本命になりきれないポジションを今もキープしつつ、本命の位置になろうとしています。

iPadOSも着実に進化してきて、ようやくマトモに使えるようになりました。ここでいうマトモとは、いわゆるパソコンのような感じで使える作業性です。パソコンのように、作業を楽々こなすには、パソコンで使われている道具が使えるようになれば実現します。

マウスがiPadOSになってから使えるようになったことで、作業性が大幅にアップしました。とはいっても、使えるようにはなったというレベルで、あまりカスタマイズはできません。

ブラウザーの戻るや進むといった機能をを割り当てることはできませんし、ホイールスクロールのスクロール量を変更することもできません。

家にあるマウスを色々と接続してみましたが、左クリック自体を認識してくれないマウスもあります。どのマウスがiPadにぴったりなのか分かりづらいというのが、iPadでマウスを使うときの問題点です。

色々と試行錯誤した結果、iPadと相性の良いマウスが見つかったので紹介します。

スポンサーリンク

iPad用マウスはPebble M350がベスト

iPadにピッタリのマウスは、「Pebble M350」です。Logicoolから発売されている小型のマウスです。

Logicool Pebble M350のアップ
iPadにぴったりなマウス

Pebble M350がiPad用マウスとして優れている理由

ホイールスクロールのスクロール量がまとも

これが全てです。ホイールスクロールのスクロール量がまともです。

Pebble M350のホイールスクロール
Pebble M350のホイールスクロール

左クリックと右クリックの間にある、ホイールを指で回すと、Safariなどのブラウザーを使っていると、下や上にスクロールさせることができます。そんなの当然じゃんと思いますが、iPadでマウスを使うと、このスクロール量が同じじゃありません。ありえないほど細かくて、回しても回しても下にスクロールしていかないマウスもありますが、Pebble M350は、わりと普通にスクロールしてくれます。もう少しスクロールしてくれてもいいかなとは思いますが、設定でスクロール量を変更できないiPadに、そこまで望んでも仕方ありません。

カリカリかりとホイールスクロールをスクロールさせると、しっかりと上や下にスクロールしてくれます。

この感じでスクロールしてくれれば、わざわざ外にマウスを持っていく価値はあるといえます。

右クリックをすると、しっかりと文字をコピーしたり貼り付けたりもできます。

iPadOSでのマウスカーソルの挙動は優秀で、コピーしたい文字を適切に選択できます。この部分だけは、パソコンより優れています。

Pebble M350を設定で変更する箇所

マウスカーソルのスピード

マウスカーソルのスピードを、少しだけ下げましょう。特に設定をせずに、使うと、少しマウスカーソルの動きが早く感じます。一つ左に下げて、カーソルのスピードを一段階落としましょう。

  • 設定
  • 一般
  • トラックパッドとマウス
  • 軌跡の速さ
左に一つ動かして、マウスカーソルの移動速度を一つ下げる

これで上質でスムーズな感じに変わります。マウスカーソルの上質で滑らかな動きは、Windowsにパソコンでは味わえない、Appleらしい気持ちよさです。一度体験してみてください。

ホイールスクロールの速度

マウスの真ん中にある、ホイールスクロールの速度も変更しましょう。最初の状態だと、ほとんど下にスクロールしていきません。

  • 設定
  • アクセシビリティ
  • スクロールの速さ
  • スライダーを1番右に
亀じゃなくてうさぎの方にスライダーを

これでホイールスクロール量が最大になります。最大といっても、シュイーンという感じでスクロールはしません。最大でもやや物足りないぐらい。1番左の状態と1番右の状態では、スクロール量は3倍ぐらい違います。

少しでも高速に動かせるように、1番右にスライダーを持っていきましょう。

iPadにぴったりのマウスはPebbleM350

iPadの仕様のせいで、しっくりとくるマウスがありません。設定を変更することができないのに、iPadにぴったりのマウスは、ロジクールのPebbleM350です。サイズも薄くてコンパクトなので、外に持ち出しても苦になりません。

マウスがあると、iPadがさらに使いやすくなります。3000円程度の投資で、より仕事の効率が上がるでしょう。

マウスのレビュー記事は、下のリンクからご覧ください。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました