会社から支給されたiPadをプライベートで使う方法

カフェでiPadを使っている
スポンサーリンク

ビジネスシーンに必須の道具になったiPad。会社からiPadを支給されている人も多いことでしょう。基本的には業務で使うものですが、仕事の息抜きに使いたいと思いませんか。どうやったらプライベート的な使い方ができるのか説明します。

必要なもの

iPad

毎年iPadが発売されていますが、どのiPadでも大丈夫です。できることなら、Apple Pencilに対応したiPad、第6世代iPadがベストです。

Apple Pencilと第6世代iPad

Apple Pencilも使える第6世代iPad

どうやって使う

会社から支給されたiPadだと、Apple IDに登録されているメールアドレスが、会社のメールアドレスになっているでしょう。プライベートのApple IDではないため、アプリを自由に購入することができません。

有料のアプリが購入できないので、無料のアプリをうまく使いましょう。

Googleアカウント

アプリを入れる前に、まずGoogleのアカウントを取得してください。Googleのアカウントがあれば、他の端末で使っているアプリと同期できます。Googleのアカウントがあれば、8割の問題は解決です。

こちから、Googleアカウントを取得してください。世界最強のメールサービス「Gmail」、世界最強のナビゲーションマップ「Googleマップ」、世界最強のスケジュール管理サービス「Googleカレンダー」、世界最強の写真保管編集サービス「Googleフォト」、無料ワープロサービス「Googleドキュメント」、無料表計算サービス「Googleスプレッドシート」、無料プレゼンテーションサービス「Google スライド」、無料クラウドサービス「Googleドライブ」。

本当に無料でいいのか心配になるぐらい、素晴らしいサービスが使えるようになります。

本体に依存するApple ID(アカウント)と違って、Google ID(アカウント)はアプリに入力するだけ。本体を管理するのには使われませんので、Googleのアカウントをプラベート用でガンガン使いましょう。

Googleマップ

まずは「Googleマップ」をApp Storeからダウンロードしましょう。Googleのアプリは全て無料なので、安心してダウンロードしてください。

Googleマップ

ホーム画面にGoogleマップのアイコンが配置されたら、タッチしてください。

初めてGoogleマップを立ち上げると、Googleのアカウントを入力する画面になります。Googleのアカウントを入力しなくても使えますが、必ずアカウントを入力しておきましょう。

なぜGoogleのアカウントを入力しておく必要があるのでしょうか。

**他の端末と同期される **

iPadで検索した履歴だけではなく、自宅のパソコンや、自分のiPhoneやスマートフォンで検索した履歴が残ります。

データは全てGoogleのサーバーを介してやりとりする

Googleのサービスの仕組みを簡単に説明した絵です。Googleのサーバーでデータが管理されるため、複数の端末を使っていても、どの端末にも同じ結果が出てきます。手元にある端末で処理をするのではなく、遥か遠くにあるGoogleのサーバーでデータを処理することで、会社の端末やプライベートの端末という垣根を越えて使うことができます。

全てのデータをiPadで見ることができるので、仕事中に旅先の地図を確認できます。確認した地図は、自宅に帰ってから、プライベートのパソコンでじっくりと調べることもできます。

Googleアカウントを使うことで、隙間時間を有効に使うことができるようになるでしょう。

Gmail

docomoなどの携帯電話会社のメールアドレスを使わずに、Gmailを使っている人も多いかもしれません。すでにGoogleマップで、Googleのアカウントを入力しているので、Gmailを立ち上げると、このアカウントを使うかiPadが聞いてきます。OKを押してください。

会社のメールは純正のメールアプリに任せて、プライベートのメールはGmailを使いましょう。iPadの大きな画面で、プライベートのメールをチェックしてください。

Googleカレンダー

紙の手帳でスケージュール管理をしている人は、今すぐGoogleカレンダーに乗り換えましょう。急な予定変更も、ひょいひょいと日付を変更できます。

すでにスマートフォンでGoogleカレンダーを使っていれば、同じスケジュールが表示されます。仕事とプライベートのスケジュールを一括で管理することで、自分の時間を確保できるでしょう。

Googleフォト

Appleの写真アプリはもう不要です。容量無制限の写真サービス、Googleフォトを使いましょう。容量を気にすることなく使えるので、すべての写真をGoogleフォトにアップしましょう。プラベートの写真も仕事の写真も全て表示されます。

写真が多すぎてわからなくなってしまったら、アルバムを作成しましょう。すぐに見なければいけない写真を分けておくことで、仕事でも大活躍してくれるでしょう。

編集した写真もクラウドに保管

画面の大きいiPadなら、写真の編集も快適です。編集した写真は、Googleのクラウドで管理されます。仕事中にプライベートの写真を編集しておき、自宅に帰ったら大画面のパソコンで楽しみましょう。

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド

仕事の資料も副業の資料も作れる

もうMicrosoftオフィスは不要です。Googleのアカウントがあれば、無料で文章を作ったり、表計算の資料を作ったり、プレゼン用の資料を作ることができます。

作ったデータは勿論Googleのクラウドで管理されます。営業の隙間時間に作った資料を、会社のパソコンでじっくりと仕上げてください。自宅に帰ってから修正したくなっても大丈夫。作った資料はクラウドに保管されているので、すぐに修正が可能です。

変更した資料は、翌日会社のパソコンから印刷しましょう。大事な商談も、Googleのクラウドを使えばバッチリです。

Googleドライブ

これまで紹介した全てのデータは、Googleドライブに保管されています。あらゆるデータをここに保管しておけば、急な依頼にも対応できます。休み中でもiPadを持っていれば、すぐに顧客の要望に応えられるでしょう。

YouTube

プライベートで使うなら、このアプリは必須でしょう。商談までの待ち時間は、YouTubeで時間を潰してください。お気に入りの動画を登録しておけば、大好きな動画をいつでも見れます。

商談前にYouTubeでリフレッシュしましょう!

Spotify、Netflix、Amazonプライム・ビデオ

ここまで読んだ方なら、あんなアプリやこんなアプリが使えることにお気付きでしょう。

アプリにアカウントを入力するアプリ

アカウントを入力するアプリは、データがクラウドで管理されています。毎月支払いしているアプリも、Appleのアカウントからは支払われません。そのサービスのアカウントに登録されているクレジットカードなどから引き落とされます。

定額制の配信サービスも楽しめますので、長期の出張でも大丈夫。出張先のホテルで、好きなだけ音楽や映画を楽しみましょう。

Kindle、楽天マガジン

電子書籍も会社のiPadで楽しめます。クラウドでデータが同期されているので、購入した電子書籍を楽しめます。iPadのKindleにAmazonのアカウントを入力しておけば、AmazonのWebページから購入したKindle本が読めます。仕事の隙間時間に、本を読んで勉強しましょう。

定額制雑誌配信サービスの楽天マガジン、dマガジンも楽しめます。iPadの大きな画面で、雑誌を思う存分読んでください。

WordPress、Canva

副業をしている方は、ブログやWebページを運営しているでしょう。ほとんどのサービスがクラウドに対応しているので、会社のiPadで記事の更新や修正ができます。

Googleフォトで編集した写真は、Canvaで文字や装飾を付けましょう。時間がなくて完成させられなくても、自宅に帰ってから完成させることができます。

会社のiPadで副業もバッチリです。

クラウドベースのアプリを使いこなす

Apple IDが決められているので、有料のアプリは使えません。無料のアプリで、クラウドを使ったサービスを提供しているアプリを使いましょう。

データや課金情報がクラウドで管理されているので、問題なく会社のiPadでも使えます。作ったデータや記録は、自宅のパソコンでも編集できます。クラウドサービスをうまく使うことで、会社のiPadをプライベートでも活用できます。

常に会社のiPadを持って、場所を選ばずに楽しみましょう!

 

スポンサーリンク


カフェでiPadを使っている



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。もしよかったら購入してください。アフィリエイト収入として、売り上げの一部が入ってきます。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。