まともなSIMフリースマートフォンの相場は4万円以下へ

スポンサーリンク

まともなSIMフリースマートフォンの相場が3万5千円まで下がりそうです。

総務省が口を出してから、国民が望む方向とは逆に進み出した携帯電話業界。今より毎月の料金が安くなるかと思いきや、より安いプランが設けられるだけで、ほとんどの方にはメリットがなさそうです。さらに、MNP(他社へ乗り換え)をしたときのサービスも無くなりそうな状況。

いったい昨年末からの騒ぎは何だったのでしょうか。本当に端末価格0円が姿を消すとなると、今までのように高性能な端末を契約するのが難しくなります。今後は格安スマートフォンに注目が集まってくると思いますが、まともな格安スマートフォンがありません。極端に安いスマートフォンは、性能が低ぎて使っていて苛々するでしょう。そこそこまともに使えて安いSIMフリーのスマートフォンを探すと、どれも5万近い値段になっています。5万では格安スマートフォンとは呼べません。3万から4万ぐらいの価格帯で、それなりの性能を持ったスマートフォンがあったらなぁという状況でしたが、ファーウェイがやってくれました。

ケータイWatch記事:13Mカメラに指紋センサー、5.5型フルHDで3万4800円「Huawei GR5

2016年2月12日(金)に発売される「Huawei GR5」は、お値段3万4800円(税抜)とは思えない性能とデザインに仕上がっています。

フルHD

「Huawei GR5」の良いところを見ていきましょう。まず、液晶ディスプレイです。画面の解像度が1,920×1,080になっています。いわゆるフルHDというやつです。値段が安いスマートフォンだと、液晶の解像度が1280×720になっていることが多い中、フルHDの解像度を搭載しています。iPhone6s Plusと同じ解像度の液晶ディスプレイですから、何の不満もありません。

カメラが良い

実際に撮影した画像を見てみないと分かりませんが、仕様表を見る限りは問題なさそうです。1300万画素でF値が2.0という、トップクラスの仕様になっています。F値が2.0ということで、暗いところでの撮影もこなすことができそうです。

iPhoneにも匹敵するような写真が撮れるかどうか。実際に発売されるのが楽しみです。

指紋センサー

この値段のスマートフォンに、指紋センサーがついきます。これだけの性能を、この値段で実現してくれただけで十分ですが、さらに指紋センサーまで搭載。世間を騒がせているベッキーさんの件以降、セキュリティーへの感心が高まっています。「Huawei GR5」なら指紋センサーがあるので、指紋センサーが搭載されていないスマートフォンよりは、格段にセキュリティーレベルが高くなります。

この春1番注目のスマートフォン

この春一番売れるSIMフリースマートフォンになるかもしれません。5万ぐらいのSIMフリースマートフォンばかりの中、4万を切る価格で、ハイエンド機に引けをとらない性能になっています。「Huawei GR5」の登場により、ハイエンドのSIMフリースマートフォンの争いは、3万円台に突入するでしょう。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。