初めてティム・クックを凄いと思った話

アイキャッチ画像





iPad AirとiPad miniが発表されました。来週の発表会で登場すると思っていたので、いきなり発表されたことに驚きましたが、それ以上に驚いた点が一つあります。

A12 Bionic

新型が出るのは半ば既成事実でしたが、どうせ型遅れのA11を積むんだろと思っていました。皆さんもそう思っていたことでしょう。

発表されたiPadには、A12 Bionicが搭載されていました。何かの間違いじゃないかと3度見しましたが、本当にA12 Bionicを搭載しています。

これまでのパターンだと、最新のiPhone、iPad以外のモデルには、型落ちのチップを積むのが定石でした。なぜ最新のiPhoneである、iPhone XS 、iPhone XS Max 、iPhone XRに搭載されいている、現時点で最強のチップを積んだのか。

iPhone XRが売れていないから

これが理由でしょう。iPhone XRの販売が振るわないせいで、A12チップが大量に余ってしまう。これをなんとか捌かなければいけません。値段を下げるだけでは、とても作ってしまったチップを捌けない。

他に使える機種はないか考えると、、、すでに販売されているiPad Pro10.5インチモデルとiPad mini 4に、iPhone XRに使う予定だったA12チップを使って、iPad ProとiPad 9.7インチモデルの間を埋めればいい。

凄いアイデアです。革新的な製品を考えることはできませんが、計算だけは得意なのがティム・クック。やっぱり彼は最高の経営者です。余ったチップを、iPadに積むというアイデア。いかにもティムらしい考えです。

iPadとiPhoneでは、販売量が大きく違います。iPad miniに載せたところで、全部は捌けないでしょう。最後の手として、新型iPhone SEが登場する可能性は、極めて高くなりました。

先にiPadだけ発表しておいて、発表会の注目を新サービスに集める。これで終わりと思っていたら、One more thingで新型のiPhone SEを発表。勿論A12を搭載して。

今年もAppleの業績は安泰でしょう。

 

スポンサーリンク



アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。