Wow!Appleの2018年10月の発表会を復習する

新型iPad Proアイキャッチ画像
スポンサーリンク

Appleの2018年10月の発表会が終わりました。登場した製品は、事前に噂されていた製品でしたが、製品ごとの細かい仕様は漏れていなかったため、大変盛り上がった発表会でした。

今回発表されたのは3つ。

MacBook Air
Mac mini
iPad Pro

2年遅かったMacBook AirとMac mini

MacBook AirとMac miniは、長い間マイナーチェンジすらされず来ただけに、待望の新製品です。待望の新製品ではありますが、想定内の進化でした。今のWindowsパソコンがすでに実現していることをMacBook Airにし、元々あったMac miniの中身を最新のプロセッサーに変えた。

久しぶりのモデルチェンジのわりには、Wowの少ない発表でした。Macの進化が停滞しているのを裏付けてしまいました。

可能性に満ち溢れたiPad Pro

スマートフォンとは思えないA12 Bionicプロセッサーを搭載したiPhone。6インチ程度の画面では、性能を持て余してしまうほどです。そのA12 Bionicをより高性能化した、A12X BionicをiPad Proに搭載しました。あまりに高性能すぎて、MacBook Airの性能を越えているかもしれません。

タブレットにそこまでのパワーが必要なのか

ただ何かを見るための道具になりつつあるタブレットを、ノートパソコンを越す道具にしようという意気込みを感じます。そのための全てが詰め込まれています。

あとはアプリが揃うだけです。AdobeのPhotoshop CCのiPad版がリリースされれば、風向きは変わっていくでしょう。

未来はiPad

プレゼンを全部見て分かるのは、明らかにiPad Proに力が入っていたことです。MacBook AirとMac miniの2つが登場したMacですが、既存製品をブラッシュアップしただけ。長い間待たせた割には、いたって普通のモデルチェンジです。

iPad Proも基本的には従来の方向性を踏襲したモデルチェンジですが、圧倒的な性能、縁の少ないディスプレイ、Touch ID からFace IDに。そして、本体にくっつけると充電される新しいApple Pencil。ただのブラッシュアップではなく、より高みを目指している点ことらも、MacよりiPadに力を入れているのは明らかです。

1TBという使い道に困りそうな保存領域を用意した点からも、AppleがiPadをどうしたいのかが伺えます。CEOのティムクックが、パワフルクリエイティブププロダクトとiPad Proを紹介していたように、次のクリエイティブな道具になっていくのでしょう。

ティムがプレゼンでWowと連発していましたが、僕らがその製品を手にしたらWowと言ってしまうような製品を、Appleには期待しましょう。

 

スポンサーリンク


新型iPad Proアイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。