毎日同じ服を着て感じたこと

スポンサーリンク

2月も終わりに近づいていますが、休みなく働いております。会社から帰って寝て起きたら出社。そんな毎日なので、毎日同じ服を着ています。

厳密にいうと同じ服ではなく、白いワイシャツとスーツです。スーツは全て黒で同じ柄です。同じ柄のスーツなら、下のズボンがボロボロになっても、上のジャケットを使いまわすことができます。色の組み合わせも黒と白なので、何も悩みません。ワイシャツがボロボロになったら、新しい白いワイシャツを買って、古いワイシャツを捨てるだけです。

仕事で使うネクタイは、会社の机の中に入っています。家に出るときはネクタイをしていかないので、今日はどのネクタイにするのか、迷うことはありません。会社に着いたら引き出しを開けて、3本あるネクタイのどれかを選ぶだけ。ネクタイをしめ忘れることがないので、このスタイルはおススメです。

休日があればカジュアルな服で外に出かけますが、休みがないので毎日同じ服を着ています。忙しい日々ですが、着るものに悩まないので、朝バタバタする感じはありません。目が覚めたら、顔を洗って歯を磨いて髭を剃って、着替えるだけ。あっという間に外に出れます。必要なも荷物を常に全部持ち歩いているので、リュックを背負って外に出るだけ。目が覚めて15分で出発です。

毎日同じ服を着ている著名人が何人かいます。そういった人が取り上げられることで、毎日同じ服を着るスタイルは、結構浸透しています。一番有名なのは、スティーブジョブズでしょう。彼がプレゼンしている映像を見れば一目瞭然。いつも黒いタートルネックにジーパンです。

スティーブジョブズが同じ服を着ていた理由は、「決断の回数を減らすため」と言われています。彼ほどの人間になると、決断ばかりの毎日です。何を着るか迷うことに、力を使っている暇はありません。小さな決断を繰り返すと、大きな決断が下せなくなります。彼の功績を説明する必要はありません。その功績の数々は、毎日同じ服を着ていたおかげかもしれません。

スティーブジョブズほど決断ばかりの日々ではありませんが、結果的に毎日同じ服を着ていたことで、仕事やプライベートのやるべきことに没頭できたのは事実です。朝起きても毎日同じルーティンなので、体が勝手に動きます。悩むことなく行動すれば、無駄な時間を使うこともありません。

休みがないせいで、結果的に毎日同じ服を着る効果を実感できました。そんな毎日が嫌ではありませんが、年明けに購入した服が、年初に一度着て眠っています。春が来てしまう前に、着るものに迷って決断力を使い、いつもより随分と遅く家を出る一日。

頭を使わず自由に過ごせる日。たまにはそんな日を過ごしたいものです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。