レビュー「Anker PowerPort 5 USB-C」MacBookも充電できます

スポンサーリンク

Ankerから新しい急速充電器が登場しました。USB Type C端子を一つ搭載した、5ポートの充電器です。今までは5つともUSB Type A端子でしたが、今回の充電器はひとつだけUSB Type C端子になっています。これからUSB Type C端子を搭載した端末が増えていくと、一つが二つに、二つが三つになっていくのでしょう。

MacBookとASUS ZenPad S8.0、2つのUSB Type C端子を採用している端末を持っているので、「Anker PowerPort 5 USB-C」を購入しましたので、早速レビューします。

同梱されているものは

image

同梱されているものは写真のとおりです。Ankerらしいシンプルな梱包です。ケーブルを止めるバンドの予備が入っていました。今まで予備が付いていたことはありませんでした。なぜ付いているのかは不明です。

サイズはコンパクト

image image

充電器自体は非常にコンパクトにできています。このサイズで5つまで同時に充電することができます。5つまで同時に充電できますが、最大で8Aまでになっています。USB Type C端子は3Aまで、USB Type A端子は2.4Aまでになっています。フルパワーで充電すると、3つのポートまでになります。4つ5つ同時に充電すると、それぞれのポートの電力は下がってしまいます。電力が下がったとしても、5つ充電できるのは便利です。

MacBookをUSB Type C端子で充電し、他の4つのポートはスマートフォンやBluetoothイヤホンを接続して充電しました。すべてのポートを使って充電すると、かなり「Anker PowerPort 5 USB-C」が熱くなりましたが、すべてのポートに充電されていました。

時間はかかりましたが、しっかりとMacBookが100%まで充電されていました。MacBookに付属の充電器じゃなくても充電できます。「Anker PowerPort 5 USB-C」だけに充電器を集約することができるので、使い方次第では、非常に便利な充電器です。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。