Galaxy Note8の光らない黒を活かそう

スポンサーリンク

ずっと前からいた相棒のように、生活に密着した端末Galaxy Note8。だいぶ使い方が分かってきました。

Galaxy Note8ならではの使い方を模索してきましたが、ふとある事に気付きました。

有機ELディスプレイ

Galaxy Note8は、多くのスマートフォンに搭載されている液晶ディスプレイではありません。iPhone Xなど一部の機種にしか搭載されていない、有機ELディスプレイが使われています。

有機ELディスプレイの特徴のひとつに、黒を黒で表示できることです。点がそれぞれ発光するGalaxy Note8は、黒のときはまったく光りません。液晶ディスプレイの薄明るい黒とは違う、本当の黒を表示することができます。

黒い画面にすることで、ディスプレイの光る部分が少なくなります。画面が光らなくなれば、バッテリーも長持ちするでしょうし、目への負担も少なくなります。

基本的にスマートフォンは、アプリ単位で操作することになります。アプリが黒いUIに対応していれば、画面の光る部分が少なくなります。

黒いUIにすることができるAndroidアプリを紹介します。

黒いUIにすることができるアプリ

  • Pocket
  • Kindle
  • TwitPane
  • MX Player
  • QuicPic
  • Phot Editor
  • Jota
  • 2chmate
  • inoreader

これらのアプリは、真っ黒い黒のUIにすることができます。UIを黒にしても、文字などを表示している部分が白くなるために、どうしても明るくはなります。全部真っ黒にはなりませんが、光っている部分を減らせば、バッテリーは長持ちするでしょうし、目への負担も軽減されるでしょう。

暗闇での読書がしやすくなった

電子書籍といったら、AmazonのKindle。Android版のKindleは、テーマを黒にすることができます。テーマを黒にすると、文字だけ白く表示されるようになります。ほとんど黒い画面で読書をすることができます。電子書籍専用端末のKindleは、Paperwhite以上のKindleのみ、暗闇でも本を読むことができます。電子ペーパーの後ろに、バックライトが付いており、画面全体を明るくします。画面全体が明るくなっているので、どうしても明るい部分が多くなります。

光の感じ方は個人差があり、黒いUIのほうが目への負担は少ないとは限りませんが、試してみる価値はあります。

Galaxy Note8ならではの使い方

有機ELディスプレイ搭載したスマートフォンが多いAndroidだからこそ、アプリのほうで、真っ黒にできるアプリがたくさんあります。Galaxy Note8を購入した方は、黒いUIに変更して、有機ELディスプレイのメリットを享受してください。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。