スターバックスのWi-Fiが誰でも接続可能 訪日外国人も使いやすく

スポンサーリンク

いつも大変お世話になっている、スターバックス フリーWi-Fiサービス

at_STARBUCKS_Wi2
無料で利用可能。

2014年9月26日より、メールアドレスがなくても、Twitter、Facebook、Google+、Yahoo IDを持っていれば、それらのアカウントで、スターバックスのWi-Fiサービスを使えるようになります。

プレスリリース スターバックス、店内のFree Wi-FiをSNSアカウントで利用可能に~「at_STARBUCKS_Wi2」、Facebook、Twitter、Google、Yahoo! JAPAN の認証で、訪日外国人にも対応~ | スターバックス コーヒー ジャパン
SNSアカウントで利用可能に。

今までは、メールアドレスを登録することで、スターバックスのフリーWi-Fiサービスを利用することができました。日本に住んでいる方は、この方式でも特に困ることはありませんが、訪日外国人の方々が、日本のスターバックスでWi-Fiを使おうとすると困っている場面をよく見かけます。

メールアドレスで登録する方式だと、日本のスターバックスにいるときに、生きている回線がないと、自分のメールを確認できません。スマートフォンを日本に持ってきていても、メールアドレスが確認できため、スタバのWi-Fiに繋げません。

SIMカードが割高な日本ですと、SIMカードを購入せずに、Wi-Fiだけでインターネット接続を済まそうと考えている方がいるかもしれませんが、無料で使えるWi-Fiがある日本のスターバックスに来店して、インターネットをしようと思っても、メールアドレスを登録しなければ使えません。

「at-STARBUCKS-Wi2」というWi-Fiに接続すると、メールアドレスの登録まではできます。しかし、その段階ではまだ仮登録の段階。登録したメールアドレス宛に届いたメールの中にある、本登録を完了させるリンクをクリックしないことには、スターバックスのWi-Fiサービスは使映像ません。

日本に住んでいる方は、docomo、au、SoftBankといったスマートフォンを持っているため、Wi-Fiに繋がなくても、使っているスマートフォンの回線があるため、本登録を完了させるメールを確認することができます。

しかし、訪日外国人の方は、自分のスマートフォンでメールを確認するには、生きている回線が必要です。 「at-STARBUCKS-Wi2」に繋いだ時は、メールアドレスの登録まではいけます。しかし、そこから自由にインターネットをすることができません。画面上ではWi-Fiに繋がっていますが、自分のアカウントが認証されていないため、普通にインターネットができません。そのために、自分のスマートフォンのメールを確認しても、メールを取得できません。

こういった理由で、スターバックスのWi-Fiを使いたくても使えない訪日外国人の方をたくさん見てきました。何故繋がらないの方と聞かれても、この状況をきっちり訪日外国人の方に説明するのは、スターバックスの店員さんも無理でしょう。

しかし、これからはそういったこともなくなります。SNSのアカウンさえ持っていれば、それで認証が終了します。生きた回線を持っていなくても、Twitter、Facebook、Google+の、アカウントを持っていれば、誰でも日本のスターバックスのWi-Fiを使うことができます。

大半の方は、SNSを利用していると思いますので、SNSのアカウントで認証が完了する仕組みは、とても素晴らしい改善です。

これから日本を訪れる外国人の方は、日本を訪問する前に、SNSのアカウントを取っておきましょう。

スターバックス店内にいればWi-Fiは使えますが、電源席には限りがあるため、スマートフォンを充電することが出来ないことがあります。そういったときのために、大容量のモバイルバッテリーを持っておくとよいでしょう。




 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。