格安ノートパソコンASUS E203MAでやっていること

ASUS E203MAの使い道アイキャッチ画像
スポンサーリンク

ここ2か月格安のノートパソコンで過ごしています。世間はMacBook AirだiPad Proだと、待望の新機種で盛り上がっていますが、もうどんなコンピュータを買ってもいっしょだと思います。

コンピュータは行きつくところまできた

これからもコンピュータは進化していきます。進化していきますが、多くの方には十分すぎる性能になりました。性能がどんどん上がってきたことで、凄い性能を使うことに困るようになりました。

動画を編集したり3DのCGを作るような人には、まだまだ性能が必要でしょう。どれだけ性能があっても足りない世界もありますが、多くの方にとってのコンピュータは、もう十分すぎる性能を持っています。

3万程度で買えるノートパソコンを2か月使って、10万を越すものじゃなくても、十分にやりたいことができるのが分りました。

ASUS E203MAというノートパソコンを使って、僕がどんなことをしているのか紹介します。

Webページの閲覧

一般的にネットをするという言葉になるでしょうか。ネットに繋ぐのは当たり前の時代なので、具体的な用途を上げていきましょう。いわゆるヤフーなどのニュースサイトを見たり、お気に入りのブログを見ることです。

一番多くの方が日常的にしていることです。ノートパソコンじゃなくスマートフォンやタブレットでもできますが、大きい画面と物理的なキーボードがある安心感があります。ちょと文字を打つ時でも、画面上のキーボードを操作するのではなく、手元にあるキーボードをパチパチと打てばいいのです。

この安心感は、ノートパソコンだからこそ。スマホで見るより断然快適です。最新のiPhoneに負けているASUS E203MAですが、画像が多いページを見ると、やや待たされる感じはありますが、概ね快適です。画像が表示されたときにトラックパッドで下にスクロールすると、カクついて引っかかる感じはありますが、もっさり過ぎてイラつくレベルではありません。10個ぐらいタブを開いても、実用レベルの快適さです。

Atom時代のWindowsノートパソコンを知っている身としては、十分快適だといえます。

ネットショッピング

Amazonや楽天やZOZOTOWNで買い物をするときに使います。スマホでも買い物はできますが、一度にたくさんの画像を見られる安心感はノートパソコンならでは。

やや視野角の狭い液晶ディスプレイが難点ですが、よほど姿勢が悪くない限り、買い物に支障はありません。

仕事の資料作成

WordやExcelといったOfficeソフトを使って、仕事の文章を作ります。仕事の資料を作成するレベルだと、高性能なノートパソコンとの違いが分かりません。

仕事でASUS E203MAのような安いノートパソコンを使おうと考えている方は、安心して購入できます。

ブログの執筆


多くの方には無用の世界かもしれませんが、ブログをやっている方にとって、快適にブログを書けるかどうかは、ノートパソコンを選ぶ大事なポイントです。

小さいサイズながらも、それなりのキーピッチを確保しているキーボード。キーストロークもまずまずあり、最近のMacBookより打ちやすいキーボードです。プラスチック感溢れるキーでバックライトも搭載していませんが、十分高速でタイピングできます。

10段階で評価すると、6.5ぐらいの打ちやすさでしょうか。人によっては7ぐらい上げてもいいという方もいるでしょう。値段から考えると、十分すぎる打鍵感です。

ブログをやっている方の多くは、WordPressという仕組みでブログをしています。Webページから自分のページにログインして、画面に表示されるエディター(文章を書く画面)で文字を打っているでしょう。それなりに処理が重いので、パソコンの性能に快適さが左右されます。

10万以上のノートパソコンには負けますが、ギリありかなという感じです。文字が多くなってくると、少しカクついたり固まる感じもありますが、使い物にならないというレベルではありません。

ブログをやるにも十分な性能を持っています。

写真の色味の編集

写真の編集というと、Photoshopが出てきますが、ここでいう編集は違います。簡単に色味を変える程度の編集です。プリセットされたボタンを押すことで、パッと色が変わる機能です。

すべての写真をGoogleフォトに上げているので、ブラウザーからGoogleフォトのページにいって、編集したい写真を選択して色味を変えます。Googleフォトレベルの編集や写真の閲覧なら、十分実用的なスピードで使えます。下にスクロールしていくと、カクつきますが、我慢できるレベルで写真が表示されていきます。

高性能なパソコンを使っていない方なら、十分に実用的なレベルでしょう。

写真に文字を入れる

ブログをやっていると、写真に文字を入れる必要があります。CanvaというWebサービスをメインに使っています。

全てのデザイン – Canva

多機能なWebサービスなので、ASUS E203MAでは少々辛いこともあります。画面解像度が1366×768と低いので、細かい操作がやりにいのは事実です。ややストレスが溜まるレベルですが、慣れてくるとなんとかなります。

他にも代替えできるWebサービスやアプリがありますので、使い方次第で文字入れも問題はありません。

音声の編集

毎週月曜日に配信している、インターネットラジオ「一番行きたくない街からこんにちは!」を編集しています。無料で使えるWindowsのDAWアプリ、Cakewalkを使っています。かなり高機能なアプリですが、快適に編集できます。

すべての編集が終わった後、MP3にして書き出すのに時間はかかりますが、編集中は十分に快適です。音のデータを書き出しているときは、スマホかタブレットでWebページを見たり、動画でも見ていましょう。

DTM


デスクトップミュージック(和製英語: Desktop Music 、略称:DTM)とは、パソコンと電子楽器をMIDIなどで接続して演奏する音楽、あるいはその音楽制作行為の総称。”DTP”(デスクトップパブリッシング)をもじって作られた和製英語である。英語圏では同一の事柄を”Computer Music”と呼ぶ。また、プログラミング、コンピュータープログラミングとも呼称される。

Wikipedia

パソコンを使ってやる音楽です。決して性能が高いとは言えないASUS E203MAですが、プロじゃない素人レベルの編集なら十分です。DTMをバリバリやっているような人じゃなければ10トラックぐらいしか使いませんし、エフェクトをばりばり使ったりしなければ、もたつくようなことはありません。


Cakewalk by BandLab for Windows


CakewalkというDTMアプリを使っています。もともとは有料の音楽編集ソフトでしたが、今は無料になっているようです。高機能すぎて使い方が分からなさすぎますが、色々と弄りながら使っています。

楽器の演奏ができなくても、入っている音源を弄ることで、それっぽく音楽が作れます。3万のパソコンと無料アプリで音楽作りを楽しめる素晴らしさ。昔の人が今にタイムスリップしたら、本当だとは信じてくれないでしょう。

性能の問題ではなく使い方の問題

性能が良くて人気のあるものばかりに目がいってしまいますが、安くて日の当たらない製品にも、良いものはたくさんあります。安いノートパソコンの中でも、驚きの軽さを誇るASUS E203MA。同じ値段で買えるものだと、安いスマートフォン、安いタブレットがあります。もう少しお金を出すと、ProじゃないiPadが買えますが、費用対効果を考えると、ASUS E203MAがズバ抜けています。

本体の値段が安いので、使い捨て感覚でガシガシ使えます。ケースを付けることなく、本体の軽さを活かせます。どこに行くにしても鞄に放り込んでおけば、きっと役に立ってくれるでしょう。

気が付けば税込み33,000円代になりました。この値段なら買いです。iPad Proなんて買ってる場合じゃないですよ![/voice]

あえてiPad Proと比較してみる

ASUS E203MAiPad Pro(2018年モデル)優勢
価格安い 35,000円ぐらい高い 90,000円ぐらいからASUS E203MA
本体の軽さ軽い 1kg超軽い 468gぐらい(キーボードは別)iPad Pro
画面の綺麗さ薄白い感じで微妙最高に綺麗iPad Pro
ペン使えない使える(別売り)iPad Pro
トラックパッド標準搭載。まずまず快適使えないASUS E203MA
マウス使える(別売り)使えない。ASUS E203MA
キーボードわりと打ちやすいストローク浅くて辛い(別売り)ASUS E203MA
漢字変換Microsoft IME、ATOK、Google日本語入力が使える基本的には変えられない。漢字変換は微妙にストレスがたまるASUS E203MA
拡張性USB A、USB C、イヤホンジャック、Micro SDカードUSB CのみASUS E203MA
セキュリティ低い高いiPad Pro
汎用性Windowsなので、何でもできるiOSの制限があるASUS E203MA
ファイルの扱いやすさパソコンならではの快適さ使いにくい。アプリを使ってやり取りASUS E203MA
充電専用の充電器USB Cで充電iPad Pro
処理能力低いけど、必要十分な性能はある抜群に高いけど、使い道があるようでないiPad Pro
アプリ何でもインストールできるのでたくさんあるAppStoreからしかインストールできないが、アプリの完成度は抜群引き分け

ASUS E203MA 8点  対  iPad Pro 6点

比較するのが難しい面はありますが、あえて比較しました。値段を考えると、ASUS E203MAのほうが満足度は高いでしょう。キーボードを叩くことが多い人やビジネスマンはASUS E203MA、絵が描けたり写真の編集をする人はiPad Proです。

自分にとって必要な道具は何か。じっくりと考えましょう。


 

スポンサーリンク


ASUS E203MAの使い道アイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。