40からの転職 Vol.2 DODAに登録

名古屋の青い夏の空
スポンサーリンク

40からの転職 Vol.1 いきさつ

2018.07.12

転職活動を始めたいきさつを書きました。今や転職活動も、インターネットがなければできません。求人誌を買って、隅から隅まで読む時代では終わったのです。早速Googleで「転職」と入力して検索しました。

想像以上にたくさんのサイトが出てきます。数の多さに気が滅入りましたが、とりあえずDODAに登録してみました。DODAを選んだ強い理由はありません。なんとなく目に入ったのと、昔から名前を知っていたからです。これだけたくさんある転職サイトから選ぶのは至難の業。複数サイトに登録したほうがいいのかもしれませんが、とりあえずDODA一本でいきます。

最初にやること

個人情報をズラズラっと登録させられます。インターネットの良いところは、一度入力しておけば、そのデータが残ること。後から入力したデータの修正もできるので、あまり難しく考えず入力しました。30分ぐらい時間はかかったでしょうか。このデータを元に、DODAのほうから転職先を提案してくると思われます。

パソコンを持っておらず(持っていてもWindows XPから買い替えていない)、スマートフォンで処理している方も多いと思いますが、スマートフォンで入力するには骨の折れる作業です。入力する項目が多いため、パソコンは必須でしょう。

いつでもどこでも使えるノートパソコンで、安くておススメの機種です。Chrome OSという特殊なOSですが、WindowsやMacでも使える、ChromeというWebページを見るアプリしか使えないノートパソコンになります。転職サイトの利用は、ブラウザー(Webページを見るソフト)が使えれば十分です。無駄な機能がなく、サクサクと快適なのに安いChromebook。一台あれば転職活動に役立つはずです。

いきなり電話がかかってきた

入力して1時間後ぐらいでしょうか。いきなりフリーダイヤルから電話がかかってきました。フリーダイヤルからの電話は、インターネット光回線の営業ばかりですが、DODAの方からでした。一度電話で詳しい話を聞きたいので、30分ぐらい時間を取ってほしいとのこと。

大した経歴もない僕のような人間に、いきなり電話がかかってきてビックリしましたが、輝かしいキャリアがある人だと、いきなり会って話がしたいと言われるのかもしれません。

面談を行うにあたって、職務経歴書を作ってDODAのマイページからアップロードしてほしいと依頼されました。Webページ上から入力したことと、これからアップする職務経歴書を見て、担当の人が話をするのでしょう。

職務経歴書を作るには

職務経歴書なんて作ったことがありません。面倒だなぁと思いましたが、これを作らないことには先には進めません。暇を見つけて作成するしかありません。職務経歴書のような書類を作るには、パソコンが必要です(スマホやタブレットでも出来なくはない)。一昔前ですと、MicrosoftのOfficeがないと作れないというイメージでしたが、今では無料で同等なOfficeアプリがゴロゴロあります。

先ほど紹介したChromebookでも、職務経歴書が作れます。Googleが提供している、ドキュメント、スプレッドシート、スライドというサービスがあるからです。Officeに似たアプリケーションが、インターネット上のサービスとして使えます。わざわざMicrosoftのOfficeを買う必要はありません。

Chromebookが一台あると、転職活動にも便利でしょう。

メールがたくさんくる

翌日から、たくさんのメールが届くようになりました。

この3つのアドレスからメールが来ています。楽天のメルマガにも匹敵するぐらいメールが届きます。職務経歴書、自分の顔写真もアップしていないのに、ここまでメールがくるとは。それだけ世の中は人不足なのでしょうか。

あまりにメールが来るので、ほとんど中身は確認していません。職務経歴書をアップし顔写真を登録したら、オファーを精査していきたい思います。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

名古屋の青い夏の空

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。