暖かい季節になりました。天気が良いと、外で過ごしたくなります。外で過ごしていてふと気づきました。

ここで仕事できたらいいんじゃないだろうか

スターバックスのようなカフェではなく、大自然の中で仕事が出来たら。そう考えたとき、公園でどうやたら仕事ができるのかを考えました。

素敵な公園を見つける

まずは素敵な公園を見つけましょう。素敵な公園で過ごすと、とても気持ちが良くなります。お気に入りのカフェを見つけるように、公園もお気に入りの公園を探してください。

お手持ちのスマートフォンに入っている、Googleマップで公園と検索すれば、近くにある公園が出てきます。意識して探すと気づきますが、日本には小さい公園がたくさんあります。

きっと素敵な公園が見つかるでしょう。

レジャーシートを購入する

素敵な公園を見つけたら、公園で快適に過ごすためのものを用意しましょう。公園で快適に過ごすには、レジャーシートが必要です。

公園のベンチは、寝ることができないように対策が施されています。仕切りのようなものが付いており、横になることはできません。ベンチで寝ることができないのなら、芝生や土の上で寝てしまいましょう。

このレジャーシートを購入しました。最初100均で購入したレジャーシートを使いましたが、結構荷物がかさばります。少しでも荷物を軽くしたいので、Amazonで探しました。

コンパクトになるレジャーシート
コンパクトに収納できるレジャーシート

収納袋と一体型になっており、考えられたレジャーシートです。コンパクトすぎて、収納するのに少し苦労するほどコンパクトです。

ノートパソコンは持っていかない

せっかく外で仕事をするのですから、ノートパソコンなんて持っていくのは止めましょう。少しでも荷物は少なく、大自然で過ごすための秘訣です。

ノートパソコンを持っていなないのには理由があります。

  • 重い
  • 気軽に使えない
  • 使うのに神経を使う
  • 砂埃に弱い
  • 寝転がって使えない

せっかく公園に来たのです、寝転がって使いたいじゃないですか。寝転がって使えないものは持っていくのを止めましょう。

どのスマートフォンを選ぶか

ノートパソコンをもっていかないとなると、スマホだけが頼りになります。世の中にあるスマホは2種類です。iPhoneからAndroid。大きく分けてこの2つになります。

多くの方はiPhoneを使うと思いますが、あらゆることに対応するには、Androidスマートフォンがベスト。痒いところに手が届くAndroidスマートフォンを使いたいところですが、iPhoneでも大きな問題はありません。自分の好きなスマホを使ってください。

僕はAndroidスマートフォンを選びますが、Androidを選ぶのには理由があります。

ペンが使えるGalaxyがある

iPhone かAndroidというより、ペンが使えるGalaxyかそれ以外か。これが今のスマホ界の状況です。どのスマホを買ってもできることが同じような状況の中、ペンが使えるGalaxyだけは他のスマホよりできることがたくさんあります。

手書きの文字をテキストにしてくれる機能があります。これは本当に感動しました。iPadと同じような日本語スクリブルでの手書き入力機能もありますが、予測変換機能が使える手書き文字入力機能もあります。こちらはmazecに近いシステムです。

Galaxyキーボードの手書き入力システムがあまりにも優秀なため、メインスマホをiPhone13 ProからGalaxy S22 Ultraに変えました。

スマートフォンで仕事をする方法

スマートフォンはとても優秀です。パソコンより劣る部分があるように思いますが、トータルで見るとパソコンを超えています。

パソコンスマートフォン
常時通信×
RAM○(より大容量にすることができる)
ストレージ
ディスプレイ大きい小さい
キーボード物理ボタン画面内ソフトウェア
操作マウス(トラックパッド)タッチ
USBたくさん一つ
画面出力
インカメラ○(画質はよくない)○(画質は良い)
アウトカメラ△(Surfaceは搭載している機種もある)○(画質は良い)
スピーカ○(あまり音はよくない)○(音は良い)
音声入力
ペン入力△(2in1 PCやペンタブ液晶タブレットで対応)△(Galaxy Note、S22 Ultra)
バッテリーのもち

こうやって比較してみると、スマートフォンのほうが優れていることが分かります。物理的なサイズの違いから、自宅でじっくりと作業をするならPC、外でサッと使うならスマートフォンですが、スマホが高性能化したおかげで、何でも処理する性能はあります。

性能はありますが、その性能を活かすのに少し癖があるのがスマートフォン。限られた画面サイズ、乏しい入力インターフェイスを駆使して使わなければいけません。

音声入力を使う

フリック入力で文字を打つのは一般的になりましたが、フリックより凄いのが音声入力。喋ることが苦手な日本人は、あまり音声入力を使っていないようですが、音声入力を使うか使わないかで、作業効率が大幅に変わります。

指で文字を打つのをやめて、とにかく音声で文字を打ちましょう。音声の変換がうまくいかないことを恐れずに、とにかく喋ってください。思っている以上にしっかりと文字が入力されていくはずです。

音声で文字が打てるようになれば、公園で寝転がって仕事ができるようになります。

手書き文字入力

フリック入力でもいいのですが、手書き入力も使っていきましょう。思ったことを書くだけでテキストが打てます。キーボードのタイピングは、ローマ字を頭で変換しながら文字を打ちますが、手書き文字入力は、頭に閃いた文字を書くだけでテキストになります。

どちらが頭の神経を疲労せず文字を入力することができるかは言うまでもないでしょう。

カメラ

スマートフォンのカメラは一級品です。驚くスピードで進化しています。昼間の明るい時間は、文句のつけようがありません。1番明るい光、太陽光の下で撮る写真は、くっきりはっきりと綺麗に撮ってくれます。

この圧倒的な綺麗さと明るさ

何かモノを撮る時でも、外で撮ったほうがいいでしょう。

ビデオ通話

パソコンとほぼ変わらない、いやそれ以上に便利な面もあるのがスマートフォン。常時通信を前提とした端末なので、あらゆることができます。通信するサービスといったら、ビデオ通話。zoomやMicrosoft Teamsといったサービスは、スマートフォンでも使えます。インカメラとインターネットがいつでも使えるスマートフォンですから、何の問題もなく使うことができますが、一つだけ問題があります。

画面が小さい

限られた画面サイズでは、相手の画面を共有したり、何か資料を閲覧するのは無理があります。話すことに特化して、何かを見たりするのは諦めましょう。

公園で仕事をするメリット

パソコンがなくても、スマートフォンで十分に仕事ができることが分かりました。公園じゃなく、室内の方が快適なのは確かですが、外だからこそのメリットもあります。

  • 気持ちが良い
  • 落ち着く
  • 目障りな人がいない
  • 胡散臭い話をしている人がいない
  • 寝ることができる
  • お金がかからない

といったメリットがあります。

自然の中で仕事をすると、室内にはない気持ち良さがあります。疲れた時はボーッとするだけで心が落ち着きます。直射日光が暑すぎる時は、日陰に行けば大丈夫。この心地良さを知ってしまうと、積極的に公園で仕事をしようと思います。

何より目障りな人がいないのも素晴らしい。スターバックスなどのカフェでよく見かける、よく分からないマルチ商法や、詐欺ビジネスの話をしている人を見ることがありません。目障りな人がいないから、仕事も集中できます。

集中して疲れたのなら、すぐに寝ることもできます。大自然の中で寝る気持ちよさは格別です。

こんなに素晴らしい空間が、なんと無料です。

もはやスタバで仕事をしている場合じゃないでしょう。

ライフスタイルを変えよう

人間は慣れた行動をしてしまいます。こうやって記事を書いておきながら、うっかりスタバに入っている自分がいます。すぐには変えることはできないかもしれませんが、選択肢の一つとして、公園で仕事をするのを持っておきましょう。

凝り固まったライフスタイルを変えないことには、中々生き方は変わらないでしょう。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です