SIM 周辺機器

ギガホの近況「ドコモ回線の状況」2022年1月ahamoがお得

スポンサー

docomoかahamo アイキャッチ

とにかくモバイルデータ通信をしまくっています。

自宅のWi-Fiでダウンロードをしておく。

こんな使い方は遠い昔の話。

思いついたときに何でもドコモ回線でモバイル通信

これが2022年の使い方ですと言いたいのですが、、、

最近、モバイル通信の速度が明らかに低下しているのを感じます。

2020年の末ごろは、とても快適に通信ができました。雲行きが怪しくなってきたのは、5G対応のiPhoneが発売されてから。5Gと4Gの通信が切り替わることで起きるパケ詰まりが話題になり、5Gをオフにして使うのが当たり前に。4Gでも十分に早いから、特に問題ないかと思ったのですが、、、

ahamoなどの低価格で大容量が使えるプランが急増したことで、全体的な通信量が増えたのでしょう。昼の時間帯はかなり通信速度が遅くなりますし、人が多いところだと、中々ページを読み込んでくれません。

動画のコンテンツが増えてきたので、ますます通信料は増えていくでしょう。今後も通信速度の低下は避けて通れない問題になるでしょう。

2022年1月5Gをオンにしてみた

ずっと5Gをオフにしていましたが、久しぶりに5Gをオンにしてみました。

速い!明らかに速くなっている!!

5Gの表記だけではなく、4Gの表記でも十分に速い。以前の初速が遅いという感じもありません。パケ詰まりの感じはありません。5Gをオンにした時のパケ詰まりは、ほぼ解消されたように思います。

混雑時間帯の速度低下が激しい

MVNOと呼ばれる格安SIMカードの会社と違って、ドコモはいつ使っても快適でした。お昼の休憩時間、17時以降の退社後の時間。通信が混み合う時間帯になっても、ストレスなく速いのがドコモ。

高いお金を払うだけあると思ったのですが、、、ahamoが始まった2021年4月以降、混雑時間帯の通信速度が遅くなっています。

ページを中々読み込まないことが度々あり、世の中の通信量が明らかに増えていることを感じます。電車の中にいる人を見ると、スマホで動画を見ている人ばかり。自宅のWi-Fiでダウンロードすることもできますが、その場でストリーミングで試聴している人も多いでしょう。

通信をする人が増えれば、通信量は増えます

前より世の中の通信量が増えているため、これまで快適だったドコモユーザーでさえも、通信速度が低下しているのでしょう。

ahamoがお得

僕みたいに毎月50GB程度の通信をしている人なら、ドコモ一択です。ahamoなどの安いプランでは、その半分程度しか快適に通信できません。もう少し使い方を変えることで、30GB以下に抑えることは難しくありません。

そういった方はdocomoでギガホ プレミア、ギガホライトにするぐらいなら、ahamoにしましょう。毎月20GBも通信できて2970円。さらに5分までの通話は無料。それでいて、通信速度は僕が使っているドコモと同じです。

混雑する時間帯は速度が少し落ちますが、他社の通信回線と比べれば、断然快適で高速です。

docomoで毎月8,000円近いお金は高いかもしれませんが、ahamoで毎月3,000円は安すぎます。高いお金を払っている、docomoユーザーが可哀想なぐらいお得です。

ドコモの半額程度の料金で20GBも使えるahamo。こちらから申し込んで、お得な料金でスマホを使いましょう。

ahamoのお申し込みはこちらから

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-SIM, 周辺機器