ドコモ回線の使用状況(2021年6月)ahamoと比較

スポンサーリンク
docomo使用状況 SIM
SIM周辺機器

先月のドコモ回線の使用状況です。

2021年6月 ドコモ回線の使用状況1

先月は自宅にいる時間が多かったこともあり、45GB程度の使用量でした。自宅にWi-Fiがある方は、自宅にいる時間が長いと、5Gや4Gの通信量は少なめになります。自宅にいる時間が短いと、外で通信することが多くなるので、4G、5Gの通信量が多くなります。

2021年6月 ドコモ回線使用状況

使用アプリ通信量
YouTube12.2GB
テザリング10.8GB
Safari8GB
アップデート4GB
Chrome3.7GB
Podcast 1.8GB
Spotify1.5GB
Twitter1.3GB
LINE0.5GB
Kindle0.5GB
Googlフォト0.3GB
写真0.3GB
合計通信量44.6GB
主な使用アプリ

通信量の多いアプリを並べました。無制限に使えるということで、むやみやたらにバンバン使っています。普段より自宅にいる時間が長かったとはいえ、多くの方よりは使っているでしょう。

YouTubeは4G、5Gでも最高画質で視聴しています。ほとんど縦画面で見ていますので、画質を下げても問題はありません。画質を下げることで、6GBぐらいには抑えられます。

公共のWi-Fiサービスを使うことで、テザリング使用量も下げられます。

SafariやChromeでのブラウジングも、一般の方はそんなに使わないでしょう。その代わりに、LINE、Instagram、TikTokといったSNSの通信量がもっと多いはずです。

使用アプリ通信量
YouTube6GB
テザリング2GB
Safari4GB
アップデート0GB
Chrome0GB
Podcast 0GB
Spotify1GB
Twitter1GB
LINE2GB
Kindle0GB
Googlフォト0GB
写真0.3GB
Instagram3GB
TikTok3GB
合計通信量22.3GB
一般の方の予想される通信量

一般の方の通信量は、上記のようになると予想します。こうやって計算していくと、ahamoなどの新しい料金プランんは、絶妙なところを狙い撃ちしているのが分かります。20GBでギリギリ足りるかなぁというところです。もう少し使ってしまう人も多いでしょうから、速度制限になって不満が出てくると、ドコモへ乗り換えるという選択になってきます。

ahamo 2,970円 20GB

docomo5Gギガホ プレミア 7,315円 使い放題

というようになります。ahamoには5分までの通話は無料という条件も入っています。ドコモは7千円以上のお金を払っているのに、30秒の通話ごとに、22円の料金がかかっています

こうやって比較すると、ドコモは割高に感じるのが正直なところです。僕のようにバンバンと通信するような方じゃない限り、ahamoにしておけば、概ね大丈夫というのが結論になります。

20GB以上気にせず使おうとすると、倍以上高くなる。

これを念頭において、スマートフォンの料金プランを検討してください。あっ、今回比較したプランには、iPhoneやスマートフォン端末の代金は入っていません。スマホを分割で購入すると、ここに上乗せになります。



 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました