【Mi Watchレビュー】コスパ抜群スマートウォッチ

Mi Watchレビューアイキャッチ 周辺機器
周辺機器時計

ようやく発売されたMi Watch。Xiaomi(シャオミー)から発売されたスマートウォッチです。

Mi Watchを付けている
Mi Watchを付けている

スマートウォッチといったら、AppleのApple Watch。普通にビジネスシーンでも、付けている人をよく見かけます。質感の高さと機能性から、Apple Watchが選ばれているのかと思います。

Apple Watch

そんなApple Watchですが、大きな欠点があります。

  • バッテリーのもちが悪い
  • 四角い盤面が微妙

この2点が欠点です。機能が豊富だと、バッテリーの持ちが悪くなりますが、それでも1日しか持たないのは、時計として使うには悪すぎます。

四角い盤面は好みの問題ですが、時計っぽさはありません。丸いほうが、腕に付けた時の収まりが良く、かっこよく見えます。

そんなApple Watchの欠点を克服しているのが、Mi Watchです。

盤面が丸いMi Watch
盤面が丸いMi Watch

時計らしい丸い盤面で、バッテリーのもちは約2週間。これこそ僕が求めていたスマートウォッチ。

1週間ほどMi Watch使いましたので、Mi Watchをレビューします。

スポンサーリンク

同梱されているもの

充電器が入っています。USB Type Cのようなスマホ用の充電端子ではなく、Mi Watch専用の充電器です。

2箇所の接点が当たって充電される

充電器に近づけると磁石で接点にくっつき充電される。

デザイン

時計らしいデザインのMi Watch
時計らしいデザインのMi Watch

丸い盤面が、時計らしくて素晴らしいMi Watch。手に付けた時の収まりが、やっぱり丸のほうが落ち着きます。

ボタンが2つ側面にあります。このボタンの機能を表す文字が、盤面に書かれています。

表面に文字はいらない
表面に文字はいらない

ボタンの機能を表す、HOME、SPORTという文字が。

この文字がないほうが、よりデザインとしては洗練されます。せっかくのシンプルなデザインが、この文字で少し損なわれています。

仕様

防水対応5ATM 耐水
重さ32g
バッテリー持続時間16日間(通常の使用モード)ワークアウトモード時は50時間
GPS対応GPS、GLONASS、Galileo、BDS
歩数計対応
心拍数モモニタリング対応24時間心拍数モニタリング対応
睡眠追追跡対応
血中酸素濃度対応
ワークアウトモード117種類
ルート追跡対応
スマートフォン通知対応
音楽コントロール対応
アラーム 対応
タイマー 対応
ストップウォッチ 対応
手首を上げて点灯対応
常時表示ディスプレイ対応

バッテリーが長く持つのとGPS搭載が、Mi Watchの特徴です。

Mi Watchはバッテリーが約2週間もちます(通常の使用モードで16日)。実際に使っていても、ほぼ仕様通りの電池もちという印象。GPSを起動させてアークアウトを記録すると50時間に減ります。GPSを使って50時間も持てば、通常の使用では困りません。

1週間に1回充電しておけば、電池切れとは無縁でしょう。

装着感

盤面が大きいわりに軽い装着感
盤面が大きいわりに軽い装着感

標準のバンドの付け心地は、なかなか良い装着感。Miスマートバンド5のバンドよりは、腕に優しい感じです。腕から外した時の不快感が、Mi Watchのほうがありません。

調整穴がたくさん
調整穴がたくさん

多すぎるぐらいバンド幅の調整穴があるので、どんな腕の太さでも対応できるようになっています。

装着感は上々です。

ワークアウト機能

117種類ものワークアウト機能が搭載されています。あまりに多すぎて意味不明ですが、僕は自転車でのワークアウトを使っています。

野外サイクリングの記録
野外サイクリングの記録

ウーバーイーツしているときのワークアウトです。長時間のワークアウトも、しっかりと記録してくれます。

時間、消費カロリー
運動時間、消費カロリー
自転車の速度、脈拍数
自転車の速度、脈拍数

下にフリックしていくと、様々な計測数値が表示されます。

iPhoneのアプリからワークアウトを確認
iPhoneのアプリからワークアウトを確認

Xiaomi Wear Liteアプリからも、ワークアウト計測をした数値を確認できます。

赤い縁取りがされているのがワークアウトボタン
赤い縁取りがされているのがワークアウトボタン

盤面右下の赤い縁取りがされているSPORTボタンを押した後、画面のGOを押すとワークアウトの記録が始まります。

アプリでボタンのショートカットを設定できる
アプリでボタンのショートカットを設定できる

起動するアークアウトは、予めアプリで設定できます。

GPSが搭載されているので、ランニングやサイクリング時に威力を発揮します。

血中酸素濃度測定機能

血中酸素濃度測定機能
血中酸素濃度測定機能

血液中の酸素量を計測できます。最近のスマートフォンに搭載され始めた機能が、Mi Watchにもしっかりと搭載されています。

睡眠計測

寝ているときにも、Mi Watchが活躍します。睡眠計測機能があります。Mi Watchを付けたまま寝るだけですが、昼寝には対応していません。Miスマートバンドは昼寝に対応しているので、Mi Watchも対応してほしいところ。

睡眠計測結果
睡眠計測結果

夜の睡眠は、しっかりと記録してくれています。

Mi Watchの操作方法

左右にスワイプで各種機能にアクセス
左右にスワイプで各種機能にアクセス

HOMEボタンを押してから、左右にスワイプすると、画面が変わり、各種機能が使えます。

スマホに届いた通知が確認可能
スマホに届いた通知が確認可能

上から下にスワイプすると、スマートフォンに届いた通知が表示されます。

アレクサ起動、各種設定変更
アレクサ起動、各種設定変更

下から上にスワイプすると、アレクサ起動ボタンと、Mi Watchの設定を変更するボタンが。

様々な機能を実行するアイコン
様々な機能を実行するアイコン

HOMEボタンを2回押すと、小さい四角いボタンがたくさん出てきます。
ワークアウト、脈拍数計測など、Mi Watchで使える機能を実行するためのアイコンです。

操作方法は以上です。Apple Watchのように、盤面を指で叩いても、画面は点灯しません。

画面を向けて点灯機能をオンオフする
手首を上げて点灯機能をオンオフする

手首をこちらに向けると、画面が点灯する機能はあります。画面が点灯したあとは、スワイプで操作可能です。

Mi Watchの良い点

Mi WatchとMiスマートバンド5
Mi WatchとMiスマートバンド5

画面が大きいので、各種表示が圧倒的に見やすい。Miスマートバンドと比較すると違いは歴然。画面も明るくて見やすいので、通知の文章もしっかりと認識できます。

ワークアウトがすぐに起動できるのも良い点。右下のSPORTボタンを押すことで、予め設定しておいたワークアウトを起動できます。

GOをタッチして計測開始
GOをタッチして計測開始

画面にGOと表示されるので、それを押すことでワークアウト計測が始まります。SPORTボタンを押した後、さらに画面をタッチしないといけないのが、少々煩わしく感じます。誤動作を防ぐためにも、2段階の操作にせざるを得ないので、これは仕方がないかと思います。

不快感のない装着感
不快感のない装着感

装着感が良いのもMi Watchの良い点です。長時間Mi Watchを装着していても不快さはありません。

意外とApple Watchも軽い
意外とApple Watchも軽い

Apple Watchは36.5gで(Series6の44mmモデル)、腕に何かを付けている感じが強めです。Mi Watchは32gで、その差4g程度ですが、装着感はかなり違います。

装着感の良さも、Mi Watchの特徴です。

Mi Watchの悪い点

盤面のアイコンをタッチしても起動しない
盤面のアイコンをタッチしても起動しない

盤面の数字を押しても、その機能に飛びません。Apple Watchは盤面に表示されている機能を表示させられますが、Mi Watchにはそういった機能はありません。

盤面の文字はいらなかった
盤面の文字はいらなかった

表面にボタンの機能を意味する、HOMEとSPORTという文字があります。これは無くても良かったんじゃないかと思います。

値段相応の質感
値段相応の質感

側面の質感が、少し安っぽい感じはあります。素材はプラスチックですが、塗装がうまく仕上げてあり、プラスチックっぽさはありませんが、Apple Watchのような高級感はありません。

値段が1万3,000円程度。値段のわりに良い質感ですが、Apple Watchレベルの質感や高級感はありません。

丸いスマートウォッチが欲しいなら

丸い盤面がカッコいい
丸い盤面がカッコいい

Miスマートバンドという、コスパ抜群のスマートウォッチがあります。画面は小さいですが、機能的にMi Watchと近いものが、3分の1の値段で買えます。

Miスマートバンドがあるので、Mi Watchがすべての人にお勧めとはいえません。

時計が欲しいなぁと思っている人や、丸い盤面のスマートウォッチが欲しいと思っている方には、値段と機能のバランスが良いMi Watchを勧めます。

Apple Watchだと型落ちのSeries3でも、21,780円。血中酸素濃度が測定できるSeries6は、47,080円 (税込)もします。Mi Watchは血中酸素濃度が測定できて13,000円。3倍近い価格差があります。

最新のスマートウォッチの機能を搭載している上に、時計らしい丸い盤面。ここに価値を見出せる方には、お勧めのスマートウォッチです。

mi-watch公式サイト

2021年5月5日現在、Mi Watchが品切れで購入できません。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました