片手フリックができるようになるiPad miniが気になる




五万ぐらいあれば、iPhoneと iPadが手に入るという記事を書きました。記事のやり方だと、 iPadの画面が結構大きくなります。自宅で使う分には、大きいほうがいいのですが、外に持っていくとなると、結構微妙なサイズ。

性能の問題ではなく、本体サイズの問題。1番小さいiPadはiPad mini。7.9インチのディスプレイを搭載した、なんとか片手で持てるiPad。表示される情報量は減りますが、機動力は上。複数のアプリを使いにくい画面サイズですが、シングルタスクで割り切って使えば、最強のモバイル端末になるでしょう。

iPadで片手フリック入力

僕がiPad miniに注目しているのは、 iPadでフリック入力ができるようになるから、iPhoneではお馴染みの文字を打つ方法ですが、 iPadでも使えるようになります。

もはやパソコンのキーボードで文字を打つよりも、フリック入力のほうが速い人も多いでしょう。10インチサイズの iPadだと、片手フリックは厳しいものがありますが、 8インチサイズのiPad miniなら大丈夫でしょう。

メインは音声入力

勿論、メインは音声入力。音声入力でうまく入力できないところを、フリック入力でカバー。iPhoneより画面が大きくて、 一般的なiPadよりも画面が小さい iPad mini。

これから注目される、一番熱い端末です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。