iPad OSが登場しても結局は微妙なiPad




iPadOSが登場しました。ブラゲザーのSafariで、パソコン版のWebページを見れるということで、ようやくパソコンがいらなくなるのかと思いきや、、、どうも使い物にならない感じです。使い物にならないというか。iPad的な使い方で終わってしまうのです。

原因を考えてみると、タッチ操作と、マウスポインターを動かす操作の違いにあるように思います。

とくにブラウザー上での操作はミスが頻発します。項目をタッチしたり、画面をスクロールしたたり、長押しして副操作をしようとしたり。全て指でさわるという操作のために、どうしてもコンフリクトします。

それに対してマウスの操作は、画面上のカーソルを、動かしてコントロールする操作。移動、押す、副操作が全て独立しており、操作をミスしません。

この法則がある限り、iPadはいつまでたってもiPad。スマートフオンと同じタッチ操作のOSでは、画面の大きいスマートフォンというレベルを超えられない。そうだとするとタブレットの未来は、Galaxy Foldが正解。折りたたみスマホが進化してより薄く、より軽く値段がこなれてくれば、スマホサイズでタブレットになる折りたたみスマホが、iPadを駆逐してしまうでしょう。

パソコンはもっと軽量化、スマホは折りたたみ化。この2つがウェアラブルと連携していくのが、ガジェットの未来。タッチ操作ベースで、アプリの進化でパソコンとは違う方向に行くことが、iPadやiPhoneやスマートフォンの未来じゃないてしょうか。

iPadはこのまま終わるのか

個人的にはiPadが好きなので、未来を信じたいのですが、iPadOSは期待が多すぎたかも。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。