iPhoneからOPPO Reno Aに。これが生活を楽にする方法




新しいスマホが出ます

右往左往しながら、消費者はまったく得しない方向にいくスマートフォン。ビジネスなので消費者が得しないのが当然だが、これまでより料金が高くなってしまうことが問題だ。

そういった状況なので、3万前後ぐらいのスマホが続々と発売されている。ミドルレンジと呼ばれるスマートフォンだが、性能が高止まりしてきたことで、最新のiPhoneを買う必要がなくなってきた。

新しく発売されるSIMフリーのスマートフォン。6.4インチOLEDディスプレイ、ストレージ64GB、おサイフケータイ、防水で税込み4万。あえて本体性能は書かなかったが、Snapdragon 710という必要十分なものが搭載されており、普段使いではまったく不満はないだろう。

カメラもこのレベルの写真が撮れるとなると、もはやこれでいいじゃんという流れになるはず。

iPhone 11 Pro – Apple(日本)

10万を越す価格のスマホと大きな違いがなく、多くの人が求めている機能を4万で実現してしまった。消費税も10%になり、家計がどんどん苦しくなる状況。格安SIMとOPPO Reno Aに乗り換える人はかなりいるのではないだろうか。

端末とSIMカードを別々に調達するのは敷居が高いので、セットで販売されている会社で購入したほうが簡単。

https://mobile.rakuten.co.jp/product/reno-a/?l-id=product_pc_reno-a

OPPO Reno A | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

販売価格が高すぎるから問題であって、販売価格が安ければ、端末の値引きが2万まででも問題ない。Huaweiの次はOPPOが席巻するだろう。

いろいろと余裕のスマホ 6 GB RAM | 64 GB ストレージ | Snapdragon 710 | OPPO 日本

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。