もうAppleはいらない

スポンサーリンク

毎日することといったら、寝る、歯を磨く、食事をする、便をするでしたが、いつからか、端末を充電するという行為が加わりました。充電していたものは、携帯電話からスマートフォンになり、スマートフォンが進化すればするほど、充電するものが増えていきました。

  • Bluetoothイヤホン
  • Apple Watch
  • タブレット
  • Kindle
  • モバイルバッテリー

人によって充電するものは様々でしょうが、スマートフォンだけ充電すればいい人より、複数のモノを充電する人が多くなっているでしょう。モノがデジタル化されていモバイル化されていくと、必ず充電しなければいけません。

自宅に帰れば、机の上にモノを並べ、順番に充電ケーブルを差す。たったそれだけのことですが、それに疲れてきました。

僕は充電するために生きているんじゃない

便利だと思って持っているものが、実は負担になっていることに気づきました。

毎日充電しなければいけないものを減らす

電気がなければ、電子機器は何の役にも立ちません。充電することは仕方がないことですが、毎日充電するのは疲れます。これが無ければ困るというものなら、毎日充電することに納得できますが、そこまで必要性がないものは、充電するたびに疲れます。

Apple Watch Series2

毎日充電しているもので、本当に必要か疑問を感じているものといったらApple Watch Series2です。賛否両論あるApple Watchですが、冷静に考えれば考えるほど不要です。

  • 時刻が分かる
  • iPhoneの通知がくる
  • Suicaが使える

この3つがApple Watch Series2の主な機能です。とくにSuicaが使えることに利便性を感じて使っていましたが、Galaxy Note8を買ったことで、Apple Watch以外でもSuicaが使えるようになりました。物珍しさから、当初はApple Watch Series2で改札を通過したりコンビニで決済していましたが、正直スマホをリーダーにかざしたほうが楽です。手首をリーダーに持っていくのは、結構なストレスになります。うまく手首が伸びないと、読み取りエラーが出て改札を止めてしまうことも。スマホなら、目標物まで手を持っていくだけです。どちらが楽で確実かは言うまでもないでしょう。

iPhoneの通知がくるといっても、常に手元にスマホがあります。わざわざ時計に通知がくる必要性はありません。常に手にあるモノの通知が時計にきても、あまり便利ではありません。iPadの通知がApple Watchに届けば、まだApple Watchの必要性はあったことでしょう。

時計として当たり前すぎる、時刻が分かることについても、まったく便利ではありません。Apple Watchの文字盤は常に表示されていません。Apple Watchのバッテリーをもたせるため、基本的に画面は真っ黒になっています。腕をこちらにチラッと向けると、文字盤が点灯します。Apple Watchに入っているセンサーで、傾きを検知しているのでしょうが、腕をこちらに向けても文字盤が表示されないことが多々あります。仕方なく指で文字盤を触ると、強制的に文字盤点灯できますが、両手が塞がっている状態だとApple Watchを触れません。

ただ時刻を見るだけでイライラさせられるのなら、普通の時計で十分です。

常に時計を表示できる

Galaxy Note8にはAlways On Displayという機能があります。Galaxy Note8がスリープ状態でも、待ち受け画面に時計を表示しておくことができる機能です。見たいときに時間が分からないApple Watchとは違って、画面を見れば必ず時刻が分かります。

無くても困らなくなったApple製品

いつの間にか、Apple製品がないほうが楽な生活を送れるようになりました。

Apple Watchをなくせば、意味不明に重い専用の充電器を持ち歩く必要はありません。Apple Watchを手放せば、Apple Watchのために仕方なく持っていたiPhoneも不要になります。iPhoneが無くなれば、Lightningケーブルもいりません。

Apple製品が無いほうが、楽な生活を送れることに気づきました。人によって環境が違うので一概には言えませんが、Apple製品を購入するお金で、Galaxy Note8を買ってしまったほうが生活は楽になるでしょう。

Galaxy Note8があれば、iPhoneにはできない手書きの文字や絵が描けます。Apple製品でこれを実現するには、iPad Proを買わなければいけません。あんなデカくてペンの収まりも悪い端末を、毎日持ち歩く気にはなりません。毎日必須のスマートフォンで、手書きの文字や絵が書ける。何が自分に必要かは明らかです。

iPad Proがあるせいで、ペンが使えるiPhoneが登場する可能性は低いでしょう。iPhoneがあるせいで、Apple WatchがiPadに対応する可能性は低いでしょう。iPhoneがあるせいで、Apple Watchだけで何でもできるようにはならないでしょう。Macがあるせいで、iPadのOSがmacOSにはならないでしょう。Apple Musicがあるせいで、HomePodでSpotifyが使えるようにはならないでしょう。

Appleが作り上げたエコシステムのせいで、色んなことが不便になっています。あまりに巨大になりすぎてしまい、身動きが取れなくなってしまったのです。

Windowsである必要性が低くなり、Macに移行する人が増えたときがありました。それと同じことが、まさしく今起きようとしています。

Apple製品を持つ必要性がなくなり、Apple製品を手放す人が増える。

あれだけApple製品を持っていた僕が、Apple製品が無いほうが楽だと気づきました。これは必要だと思える製品が出てこなければ、再びApple製品だらけになることはないでしょう。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。