そんなにペンを使わないのならGalaxy Sシリーズでもいいのか考えてみた

アイキャッチ画像 Life
Life

Galaxy Note 8 を2年使っている。振り返ると、Galaxy S6 edgeも発売してすぐ購入し、1年間使っていた。ここ数年メインスマホは、Galaxyシリーズだということに気づいた。途中でiPhoneを購入するも、何も変わっていないiPhoneは退屈で、すぐにAndroidに変えてしまう。

ガジェットオタクとしては、カスタマイズできるかできないかというのが、結構大きなポイントなんだと思う。

さすがにバッテリーもヘタってきた今、そろそろGalaxy Note 8 も買い替えかなと思うので、次に買うスマホのことを考えてみたい。

[voice icon=”https://nomadit.jp/wp-content/uploads/2018/09/2.png” name=”(おーの ゆーや)” type=”l line icon_blue”] ゆーやです。ツイッターとYou Tubeもやっています。お問い合わせはこちら。[/voice]

スポンサーリンク

ペンを使う頻度は

Galaxy Note 8 といったらペンが使えること。他のスマホにはない特徴だ。本体にペンが収納できるので、至って普通のスマホとしても使える。ペンを使わなければ、今どきの大画面スマホとなんら変わりはない。

自分が一日にどれぐらいペンを使っているのか振り返ると、、、

1日に1度も使っていない

あれだけペンがいいペンがいいと言っていて、1日に1回も使わないことが多いのだ。

なぜペンを使わないのか考えてみると、

今のスマホは良く出来すぎていて、手書きをする必要がない

手書きをするより、テキストを打ち込んだほうが早いし、絵を描けるセンスもない。手書きのペンを使う必要性がなさすぎる。絵が描けたり、手書きで文字を書く癖があれば別だが、そういった習慣がない方にとっては、宝の持ち腐れといってもいい。

使わなくてもペンがあったほうがいい

いくらペンを使わないといっても、一ヶ月に一度くらいはペンを使うことがあるかもしれない。いや3ヶ月に一度くらいかもしれない。

使用頻度が低いからといって、スマホであることに犠牲が何一つ無いのが、Galaxy Note 8の凄いところ。無理をしてペンを使わなくても、スマートフォンとして最強。スマホとして最強だから、だったらNoteのほうがいいじゃんということになる。

2019年12月の市場価格は

Noteシリーズ、Sシリーズ、どちらも1年に1回モデルチェンジが行われている。長い年月をかけて進化してきたことで、どちらも10まで端末がリリースされた。

最新機種は当然高いので、お値打ちな旧機種の市場価格を調査してみた。

Galaxy Note 9 6から7万ほど
Galaxy S9+ 4から5万ほど
Galaxy S9 3から4万ほど
Galaxy Note 8 3から4万ほど
Galaxy S8+ 2から3ほど
Galaxy S8 2から3万ほど

こうやって見ると、1万刻みで価格が分かれているのに気づく。そこまで大画面じゃなくていいのなら、Galaxy S9を買うのがお値打ちだ。

Galaxy S9 の性能は

Galaxy S9の性能は今でもトップクラス。そんじょそこらのスマホには負けない。

CPU Snapdragon845
ディスプレイ方式 Super AMOLED
ディスプレイサイズ5.8インチ
ディスプレイ解像度 2,960×1,440
RAM4GB
ROM64GB

Snapdragon845のantutuベンチマークは、336,000。昨年発売されたiPhone XSのベンチマークが、354,000。4万で買えるスマホが、今でもトップクラスの性能。中途半端に新品の最新スマホを4万で買うのなら、状態の良いGalaxy S9、Galaxy S9+を購入するほうがコスパは高い。

どうしてもペンが必要という方は、さらにお金を上積みしてGalaxy Note 9。ペンの必要性で、SかNoteを選択しよう。

Galaxyシリーズをお値打ちに購入するには、Note9より前に発売された機種を購入することで、最新モデル並のスマホを、5万前後で入手できる。

自分にはどのレベルのスマホが必要なのか、冷静になって考えてみよう。どれを買っても後悔はしない、最高クラスの性能がそこにはあるから。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました