車の中が集中する




仕事の合間にスタバなどのカフェに入っていたが、冷静に考えてみると車の中が一番効率がいいような気がした。

自分以外の誰かがいる空間と、自分しかいない空間。一見環境が良さそうに見えるカフェだが、目障りなものばかり目に入ってくる。

  • ガヤガヤとうるさいグループ。
  • イチャイチャするカップル。
  • エロい格好した女性。

気が散るものがたくさん目や耳に入ってくる。

周りの目があるためなんとも言えない緊張感もある。鼻をほじったり、オナラをしたり、ダラーンとした格好をすることができない。

これが車の中だと、自分ひとりなので周りの目も気にならない。この狭い空間の方が落ち着けるし集中出来る。

広かったり、オシャレだったりすればいい訳ではない。むしろ集中するには狭くて味気ない方がいいのだろう。

そう考えると、個室型の漫画喫茶も悪くないかもしれない。

最近のスタバは、机の高さをわざと低くしたりして、仕事や作業をしづらくしている。もはやあそこで1人で過ごすことは間違いなのだ。

今やなくてはならない音声入力も、車では好きなだけ喋ることができる。スタバでも別にできなくはないのだがやはり車の中のほうがいい。やや不適切な言葉や、きつい言葉でも発することができる。

シガーソケットからスマホやタブレットを充電することもできるし、やっぱ車が最強なのだろう。運転する時間は非常にもったいないので、仕事の合間に使うという意味で最強だ。

おしゃれなカフェではなく、車ぐらいの空間で分断されている漫画喫茶のようなカフェを作ったらどうだろうか。もはやパソコンや雑誌なんて置かなくていいので、充電できる設備とWiFiだけ提供し、飲み物も水かお茶だけ自由に飲めるようにすればいい。いや、飲み物すらいらないかもしれない。狭い空間だけ提供して、お金を取ればいい。

1時間200円でどうだろうか。フードもドリンクもなしで200円も取れれば、結構儲かるような気がするのだが。

不味い飯や飲み物を出されるぐらいなら、狭くて誰にも邪魔されない場所だけ貸してくれればいい。

狭いがゆえの安心感。

わざわざスタバに行ったりせず、空いた時間は車で仕事をしよう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。