Google音声入力がついに句読点や改行ができるように(2021年1月現在)

Google音声入力で句読点や改行アイキャッチ 使い方
使い方

Google の音声入力がアップデートされました。 大々的に発表はされていませんが、 Google の音声入力でも、句読点が打てるようになりました。iPhone の iOS は、句読点や改行をすることができましたが、 Android スマートフォンでもできるようになりました。

以前書いた記事ですが、Googleの音声入力でも、句読点を打つことができるようになった後、すぐに句読点が入力できないように修正されてしまいました。なぜ修正したのかは分かりませんが、今度こそは本当にGoogle音声入力で句読点が打てるようになりました。

今回のアップデートがされてから一週間以上は経っています。この機能が元に戻ることはないでしょう。 

どうやって Google の音声入力システムで句読点を打つのか説明します。

スポンサーリンク

Google の音声入力システムが最強になった

句読点や改行をできないことが、 Google の音声入力唯一の弱点でした。その弱点が解消されたことで、名実ともに Google が最強の音声入力システムなりました。

もはや音声で文章を作るときにわざわざ iPhone を取り出す必要はありません。 コストパフォーマンスの高い、 Android スマートフォンさえあればいいのです。Google の音声入力システムは Android スマートフォンだけではありません。 パソコンの Googleドキュメントでも、音声で句読点や改行をすることができます。クラウドベースでサービスを提供しているGoogleなので、様々なところで便利になります。

クラウドベースのサービスになっているおかげで、古い Android 端末でも利用できます。自宅に転がっていたXperia Z5 Compactで試しましたが、句読点を打つことができました。 OS のバージョンは Android OS 7です。発売された年は2015年。5年前のスマホでも、最新の機能が使えるのがグーグルです。

Xperia Z5 Compact(SO-03H)

古いスマホでも最新の機能が使えてしまいますので、昔の機種を使っている方も、Googleの音声入力を使ってみましょう。

Google音声入力での句読点の打ち方

どういう風に言葉を発すればいいのでしょうか。

「、」の打ち方

「とうてん」と喋ると、「、」が打てます。たまに当店になったりしますが、何度か話すうちにできるようになります。iPhoneだと「てん」ですが、Googleの音声入力では、「10」になってしまいますので、しっかりと「とうてん」と話してください。

「。」の打ち方

「まる」と喋ると、「。」が浮ています。iPhoneと同じように、「まる」というと、「。」になります。

Google音声入力で改行の仕方

「かいぎょう」では改行されません。やや特殊な言い回しになります。

改行の仕方

「あたらしいぎょう」と喋ると、改行されます。「かいぎょう」と喋ると、「改行」と入力されてしまいますので、注意してください。

段落の変え方

「あたらしいだんらく」と話すと、1行あけて改行されます。「あたらしいだんらく」と言うと、段落を変えることができます。「あたらしいぎょう」を2回言わなくても、1行飛ばしで文字が打てます。

最強の音声入力システムが完成した

句読点が打てて、改行ができるようになったことで、Googleの音声入力が最強になりました。

GoogleApple
変換精度
変換スピード
句読点
改行
段落変え×
音声入力機能比較表

もはやiPhoneに劣る点は何もなくなりました。ますますAndroidスマートフォンの価値が上がっていくでしょう。今すぐGoogleの音声入力システムでも、句読点や改行をすることができます。今すぐ活用しましょう。

Google音声入力でも句読点の入力や改行ができるように
どんな感じで音声入力できるか動画で確認

新品でコスパ抜群のスマホがあれば、Google音声入力も快適です。画面も大きいので、音声での文字入力も捗ります。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました