ブログだけじゃなくて、メールもLINEも音声で書く

スポンサーリンク

とにかくSimejiの音声入力使えます。わりと周囲の目を気にする僕ですが、圧倒的な恥ずかしさを感じても使わざるを得ない。いや恥ずかしさを思いっきり感じて使いたい。そう思わせるほど使える機能です。

スマートとフォンが普及するのに、5年ぐらい時間がかかったように、音声入力が浸透するには、もう少し時間がかかるでしょう。シャイな日本人は、喋って音声を入力するはずがないと思うかもしれませんが、そう遠くない未来に、音声入力はあたりまえになっているでしょう。

長い文章をタイピングするのが疲れるから、口を動かすだけで文字が入力できる音声入力がいい訳ですが、実は短い文章こそ音声入力です。

短い言葉だと喋りやすいので、ポンポンと言葉が出てくるからです。長い文章を口で組み立てるのは敷居が高い行為ですが、日常会話なら誰でも音声入力で文章が作れるでしょう。

特にLINEのようなチャット的な会話は、音声入力にはぴったりです。会話になっていないような言葉でも成立するので、まずはLINEで音声入力を使っていきましょう。

声を記録して送るボタン
これは声を記録して送るボタン

LINEのトーク内で左下に表示される、音声ボタンではありません。このボタンは、声を録音して、相手に聞かせる機能です。まぁ、この機能で言葉を音で送るか、音声入力で文字を打って、テキストで言葉を送るかの違いです。相手によって、うまく使い分けましょう。

音声入力に対しての抵抗感がなくなれば、きっと新しい世界が見るはずです。

 

スポンサーリンク




ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。