ThinkPad X230 メモリー換装方法

ThinkPad X230 アイキャッチ画像
スポンサーリンク

一昔前のパソコンは、メモリーが4GBのものがほとんどでした。Windowsは優秀なOSなので、4GBでもまぁまぁ快適に使えてしまいますが、できたら8GBは欲しい。これがパソコン界の常識です。

メモリー8GBのノートパソコンを買おうとすると、10万は覚悟しなければいけませんが、中古のノートパソコンなら、5万以下で同等の性能が手に入ります。

飾りっ気のない男らしいマシン

僕が購入したThinkPad X230 ですが、6年前のパソコンのため、メモリーは4GB、ストレージはHDD(ハードディスク)という構成でした。

裏の中央にメモリーがある蓋が

本体をひっくり返して裏向きにすると、ネジで留めてある箇所があります。ここをプラスドライバーで外すと、メモリーとストレージを取り替えれられます。

昔のパソコンは、手を加えることで性能を上げることができるようになっています。ただ薄くてお金だけかかる最近のパソコンより、よっぽどガジェット感があります。自分の手を加えて改造できるところに、男のロマンを感じます。

今回は、ThinkPad X230 のメモリー増設、換装方法を紹介します。

ThinkPad X230 メモリー交換に必要なもの

  • プラスドライバー
  • PC-12800(DDR3-1600) メモリー(204pin)通常電圧版

この2つを用意してください。

プラスドライバーは普通のサイズ。いたって普通のドライバーです。

メモリーは、ノートパソコン用(204pin)、DDR3-1600。低電圧版ではなく、通常電圧版を購入してください。

4GBのメモリーを2枚で8GB、プラスドライバー。合計10,000円もしないでしょう。

ThinkPad X230 メモリー交換手順

本体を裏返す

ThinkPad X230 の表面
これが表面
ThinkPad X230 の裏面
こちらが裏面

まずは裏を向けましょう。写真上にボコッと出ているバッテリーは、外しておきましょう。

バッテリーも簡単に外れます

プラスドライバーでネジを外す

普通のプラスドライバーで簡単に外れる

プラスドライバーでネジを外せば、簡単にメモリーが装着されている場所に到達できます。

ピンを外す

ThinkPad X230 のメモリーが装着されている場所
ピンを外側に外す

ここが一番難しいでしょう。シルバーのピンのようなストッパーを、外に引っ張って外しましょう。そうすると、メモリーが少し上向きになるかと思います。

メモリーを引き抜く

少し斜めになったメモリーを、引き抜いてください。バキって折れないか不安になりますが、引き抜きましょう。

新しいメモリーをメモリースロットに合わせる

切り欠きを合わせて装着する

メモリーには切り欠きがあります。ここの位置を合わせることで、メモリーの向きが分かります。

ピンを引っ掛ける

ピンを引っ掛けてやると、メモリーがスッとハマります。もう片方のピンも引っ掛けて、換装完了です。2つとも換装する場合は、もう片方のメモリーも取り替えましょう。

作業の難易度 1点(やさしい)

ThinkPad X230 でメモリーを付け替えた
メモリー専用の蓋があるので換装しやすい

デスクトップパソコンより簡単です。メモリーのある所だけ蓋を外せるようになっているので、簡単にメモリーの場所に到達できます。裏蓋全体を外さなくてもいいので、初心者の方でも簡単にできるでしょう。

作業難易度は、10段階中1点。一番難しい作業が10点だとすると、一番簡単な1点です。裏面にある蓋をプラスドライバーで取るだけ。これほど簡単にメモリーを換装できるノートパソコンは、そうそうありません。

メモリーの換装も簡単ですし、性能的にも十分な性能があるThinkPad X230 。価格もこなれていますので、ネットや中古ショップを覗いてみましょう。

 

スポンサーリンク


ThinkPad X230 アイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。