【MOBO Keyboard 2 レビュー】モバイルキーボードの理想形がここに

MOBO Keyboard 2 アイキャッチ キーボード
キーボード周辺機器

iPad mini 6 を手に入れてから、iPadならではの使い方を模索してきました。Bluetoothのキーボード無しで試行錯誤した結果、日本語スクリブルという機能を使うのが良いと感じました。

手書きの文字を書くことで、テキストを入力していくことができます。とても素晴らしい機能ですが、やっぱりキーボードが打ちたくなってきます。そんなことを考えているときに、新しいキーボードが発売されたというニュースを目にしました。僕が以前気に入って使っていたキーボードの、後継モデルです。

素晴らしいキーボードでしたので、迷わず最新モデルを購入しました。前の機種で既に完成されていたMOBO Keyboardはどう進化したのか。

じっくりと解説します。

スポンサーリンク

MOBO Keyboard 2 パッケージ

MOBO Keyboard 2 パッケージ表面
MOBO Keyboard 2 パッケージ表面
MOBO Keyboard 2 パッケージ裏面
MOBO Keyboard 2 パッケージ裏面

シンプルながらもよくできたパッケージ。これから始まる新しいキーボードとの日々がワクワクなるようなパッケージ。

MOBO Keyboard 2 パッケージの中にある簡易説明
MOBO Keyboard 2 パッケージの中にある簡易説明

MOBO Keyboard 2を取り出すと、簡単な説明が書いてあります。すぐに端末とペアリングして使うことができます。

MOBO Keyboard 2 同梱されているもの
MOBO Keyboard 2 同梱されているもの

スタンド兼用ケースとMOBO Keyboard 2本体と充電ケーブルが入っています。

USB Type C ー USB Type Aケーブル
USB Type C ー USB Type Aケーブル

充電ケーブルは、USB Type CーUSB Type Aという組み合わせ。このケーブルを使って、ノートPCやAndroidスマートフォンと有線接続することも可能です。

MOBO Keyboard 2 デザイン

MOBO Keyboard 2 カラーは2色
MOBO Keyboard 2 カラーは2色

色は2種類。ホワイトとブラック。ブラックの配色がおしゃれ。キーの色がグレーになっており、あまり見かけない、ブラックとグレーのツートンカラー。この配色に一目惚れして、迷わず購入しました。

シンプルだけど、自己主張もしているデザイン。万人受けするけど、ちょっと新しいブラックがおすすめです。

MOBO Keyboard 2 仕様

ランドMOBO(モボ)
商品名MOBO Keyboard 2(モボ キーボード 2)
型番(JANコード:筐体色・キーキャップ色)AM-K2TF83J/BKG(4582353594222:ブラック・グレー)
AM-K2TF83J/SLW(4582353594239:シルバー・ホワイト)
キー配列日本語JIS配列
※iOS・iPadOSでは、OS側の制限により、英語配列キーボードとして動作します。
※iOS・iPadOSのかな入力には対応していません。
キー数83キー
キースイッチタイプパンタグラフ(アイソレーションタイプ)
キーピッチ19mm(一部 16.6mm / 14.3mm)
Bluetooth®規格Bluetooth 5.1 Class2
対応プロファイルHID
有線接続可能(USBインターフェース)
USBコネクタタイプUSB-C
電源内蔵リチウムポリマー充電池(Bluetooth®接続時)
USBバスパワー(USB接続時)
バッテリー容量210mAh
充電時間最大約4時間
連続使用時間最大約84時間
対応OSWindows10 / macOS / iOS / iPadOS
材質キーボード本体:アルミニウム / ABS / TPE
スタンドカバー:PUレザー / PC / マイクロファイバー / シリコン
キーキャップ印字シルク印刷(UVコーティング)
本体サイズ使用時 : W291 × D13 × H120 mm
折りたたみ時 : W166 × D15 × H120 mm
重量キーボード本体:286g
スタンドカバー:172g
製品内容本体、USBケーブル(Aタイプオス- Cタイプオス)、専用スタンドカバー、 取扱説明書(ダウンロード版はこちら)兼 保証書
製造国中国
保証期間ご購入日より1年間
店頭希望価格オープンプライス
MOBO Keyboard 2 仕様表

Bluetooth5.1に対応しており、安定したタイピングが期待できます。Bluetooth5.0からより大容量で通信できるようになったことで、より長い距離に電波を送れるようになっています。その結果、Bluetooth4、Bluetooth3のキーボードより快適にタイピングができます。

あああああ
と、勝手に文字を打つような現象もありません。ひたすら文字を打つことに集中して、安心して仕事に取り組むことができます。

MOBO Keyboard 2 キーストローク、キーピッチ、キーサイズ

ノートPCレベルのキーストローク
ノートPCレベルのキーストローク

キーストロークは深くはありませんが、ノートPC並みのキーストロークはあります。AppleのMacBook Airよりは深いキーストロークです。

キーピッチは19mm
キーピッチは19mm

キーピッチは19mm。

MOBO Keyboard 2 キーボード右側の一部キーが小さい
MOBO Keyboard 2 キーボード右側の一部キーが小さい

一部のキーが、16.6mm、14.3mmのキーピッチ。ほとんど使わない右端のキーなので、基本的にはフルサイズのキーボードと同じキーピッチで文字を打てます。

仕様頻度の低いキーを小さくして、使い勝手を損なわないようにしています。

MOBO Keyboard 2 のエンターキーは大きい
MOBO Keyboard 2 のエンターキーは大きい

この手のキーボードに多い、エンターキーが小さいという問題もありません。しっかりと大きなエンターキーになっています。

ほとんどの方は、日本語キーボードを望んでいるはず。使う人のことを考えた素晴らしいキーサイズになっているBluetoothキーボードです。

MOBO Keyboard 2 打鍵感

フルサイズキーボードレベルのキーサイズ
フルサイズキーボードレベルのキーサイズ

キーを叩いた瞬間にニンマリとする打ち心地。折りたたみ構造で軽いので、ややパサパサとした打ち心地ではありますが、一般的なノートPCと同等以上の打鍵感。ゲーミングキーボードに多い、メカニカルキーボードのような打鍵感ではありませんが、外に持ち出して使うキーボードなら大満足のレベルです。

キートップが少し湾曲している
キートップが少し湾曲している

MOBO Keyboard 2になって、キートップの形状が湾曲しており、より指で押しやすい形状になっています。細かいところですが、メーカーの拘りを感じます。

MOBO Keyboard 2 キーボード中央
MOBO Keyboard 2 キーボード中央

確かに以前のMOBO Keyboard 2より、キーに指が押し込んだときの感触が違います。もっと硬い感触でしたが、やや柔らかさを感じます。この柔らかさが、長時間タイピングをし続けたときの疲労度へ影響します。

背面の足を回転させて固定させる
背面の足を回転させて固定させる

ここに回転式のスタンドがあります。これを立てることで、ピタッとキーボードが水平になります。

背面の足をしっかりと立てましょう
背面の足をしっかりと立てましょう

このスタンドを立てずに使うと、逆側に反っているので、やや打ちにくくなります。わずかな事ですが、しっかりとスタンドを立てて使いましょう。

前のモデルもそうでしたが、今回のMOBO Keyboard 2も妥協なく作ってあり、とても打ちやすいキーボードです。少し鞄が重くなってでも、キーボードを持って出かけようと思える完成度になっています。

スタンド兼ケースの使用感

ケース兼用スタンドにiPhone13Proを立てかけて
ケース兼用スタンドにiPhone13Proを立てかけて

使い勝手に文句ありません。キーボードのケースになる上に、スマートフォンやタブレットを立てるスタンドにもなります。とても考えられたつくりですが、少し重いのがたまに傷、重量は172g。前のモデルMOBO Keyboardのケースも重かったので、従来のものをそのまま使っているのでしょう。

MOBO Keyboard 2 のケース兼用スタンドに収納した状態
MOBO Keyboard 2 のケース兼用スタンドに収納した状態

もう少し軽いと嬉しいけど、ケース兼用スタンドとしては優秀です。少しでも荷物を軽くしたい人は、ケース兼用スタンドは自宅に置いて行き、裸でMOBO Keyboard 2を持って行きましょう。

バッテリーのもち

USB Type C端子で充電
USB Type C端子で充電

USB Type C端子でMOBO Keyboard 2を充電します。4時間の充電で、84時間使うことができます。1日4時間ぐらい文字を打つとしても、ざっと一ヶ月程度はバッテリーが持ちます。

気がついた時に30分ぐらい充電する。そんな使い方をしておけば、バッテリー切れとは無縁でしょう。

MOBO Keyboard 2 を実際に使った感想

使い心地は上々なMOBO Keyboard 2
使い心地は上々なMOBO Keyboard 2

最後に、キーボード全体の感想を書きます。

前のキーボードも中々良い感じで気に入って使っていましたが、さらに完成度は上がりました。キー自体の打ち心地は似ていますが、Bluetooth5.1に対応しており、ワイヤレスでも安定してタイピングができます。この安定感が、安心してひたすら文字を打つことに繋がります。

スマートな鞄にもスッと入ってしまう
スマートな鞄にもスッと入ってしまう

ケース兼用スタンドが付いているので、鞄にもスマートに収納できます。三つ折りになるキーボードを、ケースがしっかりと保護してくれます。小さい鞄にもスッと入ります。

折り畳み機構右側
折り畳み機構右側
折り畳み機構左側
折り畳み機構左側

折り畳み部分もしっかりと作ってあり、壊れそうな感じはありません。

3台を切り替えて使うことができる
3台を切り替えて使うことができる

ワイヤレス2台、有線接続1台、計3台まで接続して切り替えて使うことができますので、複数台同時に使えます。USB Type C-USB Type Cケーブルがあれば、iPad mini6やAndroidスマートフォンとMOBO Keyboard 2を有線接続で使うことができます。

USB TypeC - USB Type CケーブルとAC充電器
USB TypeC – USB Type CケーブルとAC充電器

AC充電器もUSB Type C端子のものを用意することで、より効率的に使うことができます。ワイヤレスで使うもの、有線接続で使うもの。どうやって使うか考えてみましょう。

充電端子兼、有線接続用端子がUSB Type C端子になったことで、細かいところの使い勝手も向上しました。現時点で、こんなモバイルキーボードあったらいいなを、全て満たしていると言えます。

完成度が高いので、外出時には自然と持ち出してしまいます。

打鍵感よし、携帯性よし、接続安定性よし。

使っていて気持ちの良いキーボードです。

MOBO Keyboard 2 は買い!

2021年11月。モバイルキーボードの頂点は、MOBO Keyboard 2になりました。三つ折りにできるコンパクトさで、広げるとフルサイズのキーボードに変身。複雑な構造を採用しながらも、キーの打鍵感は上々。キーピッチやキーサイズも適正で、とても打ちやすいキーボードです。

iPadなどのタブレットや、iPhoneなどのスマートフォン用のキーボードを探している方は、迷わず選ぶべきキーボード。

もうモバイルだからと妥協することなく、ノートPC以上の打ちやすいキーボードになっているMOBO Keyboard 2。MOBO Keyboard 2を持ち出して、いつでもどこでも誰よりも高いレベルで仕事をしましょう!

MOBO Keyboard 2 総合評価

打鍵感★★★★☆三つ折れタイプとしては上々
携帯性★★★★★コンパクトに収納可能
デザイン★★★★☆面白い配色で個性がある
使いやすさ★★★★★接続数3台、USB Type Cで充電
総合評価★★★★★モバイルキーボードとしての理想形
メーカー公式YouTube

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました