AirPodsの音量が小さいときの対処法

AirPods本体と充電ケース
スポンサー

最強のBluetoothイヤホンAirPods。このデバイスの登場で、音楽を身に着ける感覚になりました。装着感がほとんどないイヤホンが耳にあるのに、しっかりとした音が耳で鳴っています。このサイズでこれだけの音が鳴るとは、実際に使うまでは分からないでしょう。

簡単に使えるのがAirPodsの良いところですが、たまにいつもより音が小さいと感じることがあります。iPhoneやiPadの音量でしか音の大きさを調節できません。

どうやったら元の音量に戻るのでしょうか。

Bluetoothをオフにしてオンにする

iPhone(iPad、Mac)のBluetoothをオフにしてから、オンにしてください。一度Bluetooth接続を切ってやることで、AirPodsが元の音量に戻ります。

iPhoneでBluetoothをオフにする方法

  • 設定アプリ
  • Bluetoothの項目をタッチ
  • スイッチをタッチしてオフにする

以下の方法でもオフにできます。
– 下から指を上にスライドさせる
– コントロールセンターが表示される
– Bluetoothのスイッチをオフにする

Bluetoothアイコン

Bluetoothアイコン

秋に登場予定のiOS11で、コントロールセンターの表示が変わりますが、概ね操作は同じでしょう。

AirPodsの調子が悪いときはBluetoothをオンオフ

AirPodsのケースに入れてから、再び出して耳に装着しても音量は変わりません。Bluetoothをオンオフしないと、音量は元に戻りません。

AirPodsの音量がいつもより小さいときは、今日紹介した方法を試してみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度
AirPods本体と充電ケース

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。