ambieを久しぶりに使って分かりました。耳をふさがないイヤホンは、LinkBudsよりambieだと。

どうしてambieのほうが良いと思ったのでしょうか。

耳から落ちない

完全ワイヤレスイヤホンの弱点は、耳から落ちたら終わりということ。落ち方にもよりますが、耳から落ちてしまうと、紛失する可能性が高くなります。

ambieは耳に挟んでいるので、耳から落ちる心配はありません。

LinkBuds は完全に耳の穴に入っている訳ではないので、耳から落ちやすくなっています。

イヤーフックを1番大きいモノに換えても、時々耳から落ちます。

耳の形状的に合わない人は、使うのが厳しいのがLinkBudsです。

耳の穴が痛くない

LinkBuds は球体なので、耳の穴を圧迫します。プラスチック製で硬いので、意外と耳が痛くなります。

ambieの装着具合

ambieの装着具合

ambieは耳が痛くなりません。耳の縁を結構強めに挟みますが、身体の部位的に痛みを感じないのです。

しっかりと耳に装着される上に痛みもない。

装着感が圧倒的に上なのはambieです。

音は圧倒的にLinkBuds

耳をふさがないとはいっても、イヤホンですから音は気になります。

音は完全にLinkBudsです。普通のイヤホンと変わらないレベルで音が出ています。??イヤホンの中心部が空いており、そこから音が入ってきます。

遮断する壁がない分、周囲の音が入ってきて、その分音質が下がります。

ambieは形状的に、イヤホンというより、小さなスピーカーから音が鳴っている感じになります。

悪くはないのですが、良いという感じでもありません。

音質を求めるのなら、普通のイヤホンを買いましょう。

ケースのコンパクトさはambie

LinkBudsは意外と厚みがあります。ケースが、丸く膨らんでいます。

手前がambie奥がLinkBuds

手前がambie奥がLinkBuds

ambieはすっきりとした厚み。鞄に入れても気になりません。

ambieの弱点は耳につけるのが億劫なだけ

弱点のないambieですが、装着時の煩雑さだけは弱点です。腕を上に持ち上げるようにして、耳に装着しなければいけません。

慣れてくるとサッと装着できるようになるので、我慢して1ヶ月ぐらい使い続けましょう。

過去記事

【ambie AM-TW01 レビュー】耳をふさがないイヤホンの新しい毎日

ここ数年、世の中を変えたものと言ったらこれ。 AirPods - Apple(日本) コードがないイヤホンを当たり前にしたAirPods。今ではProとMaxまで登場し、街でつけている人を…

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です