iPad Proで不安なこと

スポンサーリンク

ついに発売になったiPad Pro。こんなもの要らないと言いつつも、発売されてレビュー記事が出てくると、なぜか欲しくなってしまうのは僕だけでしょうか。色々批判しつつも、端末自体に可能性があることは理解しています。僕が不満なのは、可能性をAppleが活かしきれない状況にしてしまっていることです。初代iPadの発売から5年経ちますが、基本的にそのまま5年経ってしまいました。細かくは進化していますが、iPadがパソコンの座を奪うまでには至っていません。5年前から分かっていた問題を、未だに解決する提案をできないところに、今のAppleの悲しさがあります。

朝日新聞デジタル記事:「iPad Pro」映画監督が使ってみた 佐藤信介氏

iOSには色々と不満もありますが、MacのOS(OS X)にはない良さもあります。今までのiOSのままiPad Proが出てしまったのは残念ではありますが、いつか解決されるでしょうから、iOS以外の部分で不安に思ったことを書きたいと思います。

英語キーボードしかないのは何故

一番納得がいかないのは、iPad Pro用のキーボードです。キーボードのボタンレイアウトが英語しかないのです。

iPad ProのためのSmart Keyboardは、英語(米国)キーボードのレイアウトのみに対応しています。

Appleのホームページを見ると、上記のように書いてあります。日本語キーボードと英語のキーボードが用意されているのが、Apple製品の良いところでした。ほとんどの方は日本語キーボードを選択されると思いますが、一部の方は英語キーボードを選ぶ人もいます。選択できるのが良い点だったのに、iPad Proに関しては英語キーボードのみの展開。今まで英語キーボードと日本語キーボードを作ってきているのに、iPad Pro用の日本語レイアウトのキーボードが作れない訳がありません。単に生産数の関係で、採算性が合わないのか、生産が難しいので、英語キーボードのみにして数を作ろうとしているのか。

本気でiPad Proを売ろうとしているのなら、しかっりとその国向けのキーボードも作る必要があります。慣れの問題かもしれませんが、キーボードのレイアウトが微妙に違うだけで、大きく違和感を感じてしまいます。仕事向けにもiPad Proを売りたいのなら、日本語用キーボードは必須でしょう。

しっかりとした日本語レイアウトキーボードを発売する前に、根本的に終わっている、外部キーボード接続時の日本語入力システムの改善が先かもしれません。

なぜかサードパーティーのキーボードまで英語レイアウトになっています。まだ市場がどうなるか未知数なので、様子見なのでしょうか。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。