毎日ノートパソコンを持ち運ぶようになってブログの更新頻度が上がった

アイキャッチ画像




中古のレッツノートを購入してから、毎日ノートパソコンを持ち歩いている。思ったより軽かったので、鞄に入れておくのも苦にならず。昔はリュックを背負っていたが、やっぱりリュックはダサいので、今は手さげと肩掛け兼用の鞄を使っています。

わりと薄いCF-MX3
わりと薄いCF-MX3

レッツノートは分厚い印象ですが、CF-MX3LG3CSは薄いので、鞄への収まりがとてもよい。

ディスプレイが高精細
ディスプレイが高精細なのは良かった

画面の解像度も高く、ディスプレイの色味もまずまず。

キーボードはさすがレッツノート
キーボードはさすがレッツノート。打ちやすい

キーボードは打ちやすい。さすがレッツノートといったところ。

バッテリーが2つ入っているようだ

バッテリーのもちは普通。

レッツノートシリーズはACアダプターが微妙
レッツノートシリーズはACアダプターが微妙

ACアダプターは結構邪魔。

メモリーが4GBと少ない
タブを増やすとリロードする

メモリーが4GBしかないので、タブを切り替えるときに再読み込みすることが多い。

特徴のないトラックパッド
特徴のないトラックパッド

トラックパッドはSynapticsというシステムを使っているため、Surfaceで出来る細かいジェスチャーが使えない。そのために、MacBookのようには使えない。文章を打つ程度なら不要だが、マウスは必須。

中古で2万のパソコンが実用的な時代

これが中古とはいえ2万。新品で2、3万のノートパソコンを買うより、圧倒的にコスパが高い。古いとはいえCore i5だ。普通にサクサクと使える。

ブログを書くだけなら、これで十分。MacBook Proはオーバースペック、キーボードも打ちにくいし。ブログをやるならMacという時代でもない。

新しく発売された16インチのMacBook Pro。キーボードが変更されて、かなり打ちやすくなったようだ。来年モデルチェンジするであろう、13インチのMacBook Proが発売されるまでは、無難にWindowsパソコンを使うのがいい。

一昔前の機種が5万以下で買えるものが山ほどある。Macはわりと値段が下がらないため、古い機種でも5万を越すものがほとんど。費用対効果を考えると、Windowsのほうが無難だ。

企業向けに大量納品されているレッツノートシリーズは、中古市場の在庫も豊富。定期的に大特価品が店頭にも出てくる。選択肢も多いので、自分にあったレッツノートや中古のノートパソコンを探してほしい。

 

スポンサーリンク



アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。