2年使ったらスマホのバッテリーはヘタる




何年ぶりか分かりませんが、スマホを2年使いました。2年使って思うことは、

バッテリーの減りが早くなった

以上。あとは特にありません。

使っていて遅いということもないですし、バッテリーが減るということ以外に不満はありません。

1年経ったときは、そんなにバッテリーが減る感じはありませんでしたが、2年経った今は、常にバッテリーが減ってきたなぁと。

本当に80%以上?!

いちおうバッテリーの残量は、80%以上になっていますが、、、感覚的には60%ぐらいの感じ。

朝6時に起床して100%の状態から使い始めると、8時頃には70%ぐらいになっています。

そのまま使い続けると、あっという間に60%台。このペースで使い続けると、昼休憩に入る頃には、20%を切っているでしょう。

常に充電できる環境にあれば問題ありませんが、充電できない環境だと、バッテリーの残量が気になって、スマホの使い方が慎重になります。

道具を使うことに慎重になっていては本末転倒。何のための道具か分かりません。

道具は遠慮せずにガンガン使ってこそ。遠慮なく使うには、1年おきにスマホを買い換えるのが、一番賢い使い方です。

  • バッテリーがもつ
  • 高く売れる
  • そのときの最高性能

1年おきに最新機種に買い換えると、以上のようなメリットがあります。

もう少し条件を下げて、1年型落ちのスマホで運用すると。

  • バッテリーがもつ
  • まずまず高く売れる
  • 型落ちだけどそれなりに高性能

スマホの性能が高止まりしているので、1年型落ちのスマホを、1年おきに買い換えるのがベストじゃないでしょうか。

僕が今使っているのはGalaxy Note 8。最新機種のGalaxy Note 10が素晴らしいのに異論はありませんが、冷静に考えると、Galaxy Note 9でも十分。

白ロム価格が7万ぐらいに下がってきているので、12万のGalaxy Note  10より、Galaxy Note 9
を買って、来年Galaxy Note 9を売却してGalaxy Note 11が発売されるころに、Galaxy Note 10を購入するのが、一番お値打ちに運用できるように思います。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。