ついに登場しましたiOS16。見た目は変わっていませんが、中身は大幅にアップデートされています。

写真や動画の文字をテキストとして認識する

1年前のアップデートで、英語には対応していました、写真や動画の中にある文字をテキストとして認識してくれる機能ですが、ついに日本語にも対応しました。

この機能が、これまでのコンピューターの使い方を変えるかもしません。

コンピュータの使い方が分かっていない人は、ノートに手書きで書いた文字を、iPhoneのカメラで写真を撮って送ってきます。受け取ったほうは、それを見ながら清書する。そんな無駄な仕事が、ここ日本では当然のように行われています。

まったく何の役にも立たない、ただ体裁を良くするだけの仕事。そんな日本的な仕事も、送られてきた写真の中にある文字を、iPhoneが読み取ってくれて、それをコピーしてほかのアプリやソフトウェアに使って再利用することができます。いちいち写真を見ながら文字を打つ必要はなくなります。

写真の切り抜き機能

女性に受けそうな機能がこれ、写真の切り抜き機能です。iPhoneのカメラアプリで写真を撮った後、写真アプリをタッチします。次に切り抜きたい写真を選択して画面いっぱいに表示させます。

マックのドリンクの背景がゴチャゴチャしていても切り抜ける

あとは、切り抜きたい対象物を長押しするだけです。かなり精度が高く、背景がごちゃごちゃしていても、しっかりと切り取ってくれます。切り抜いた写真の上に表示される共有を押し、少し下に画面をスクロールさせて、画像を保存をタッチします。

こんな感じに切り取れる

これで切り抜いた写真が保存されました。友達に送ったり、SNSに使いましょう!

音声入力の自動句読点挿入機能&音声入力中に手動でテキストを打てる

音声入力も大幅にアップデートされました。

句読点が自動で入ります。これまでは「まる」「てん」と言葉を発していましたが、これからは勝手に句読点を入れてくれます。精度はまだまだ完璧ではありませんんが、自動で入らないよりは、入ってくれたほうが断然便利です。

普段僕たちは、句読点を口で発して話しません。口で句読点を発することで、頭に思った文章を、そのまま文章にすることができません。ただ普通に話すだけで、ちゃんと句読点を入れてくれて文章になる。

この便利さは、多くの人に知ってほしいと思います。

さらに、音声入力中に、手動でテキストのカーソルを動かして、文字を修正することができます。この機能が中々便利なので、基本的には音声で文字を入力しつつ、認識間違えを手動で直していくという使い方が、これからの標準になっていくかもしれません。

iPhone8以降をお使いの方は、今すぐにiOS16にアップデートしよう

他にもアップデートされている機能はありますが、写真、動画内の文字認識機能、写真の切り抜き機能、音声入力での句読点自動入力と音声入力中に手動で文字を修正。

この三つの機能のために、今すぐにアップデートしましょう!

iPhone8以降のiPhoneに対応していますので、対象機種をお使いの方は新しいiPhoneの使い方をして、より素敵な毎日にしましょう!

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です