Chrome リーディングリストの使い方

Chromeリーディングリストアイキャッチ 使い方
使い方

ようやくAndroidスマートフォンでも、Chromeのリーディングリストが使えるようになりました。

WindowsやMacでChromeでWebページを見ていると、リーディングリストという項目があるのに気づきます。これは、後で読むという機能です。

Pocket

後で読むといえば、Pockeというサービスがあります。アプリや拡張機能を入れて、このマークをクリックやタッチをすると、見ているページを記録してくれます。あとでポケットのアプリを立ち上げると、そのページを読むことができるというサービスです。

この後で読むという機能は、スマホとパソコンを使うことで便利さが分かります。

外出時にスマホを見ているとき、後でじっくりと読みたいと思うページがありませんか。そんなページに出会ったら、後で読むという機能を使って記録しておきます。自宅に帰ったら、後で読むに登録しておいたページを開いて、じっくりと読むことができます。

そんな後で読む機能のGoogle版が、リーディングリストです。iPhoneでは随分と前から使えたのですが、何故かAndroidスマートフォンでは使えませんでした。

ようやく正式に使えるようになりましたので解説します。

スポンサーリンク

リーディングリストの使う前の準備

Chromeバージョン
設定、アプリ、Chrome、一番下にアプリのバージョンが書いてある

Chromeアプリを最新バージョンにしてください。バージョン91以降ならオッケーです。iPhoneの方は、随分と前から使えるので大丈夫です。

ブラウザー版Chromeのバージョン
Chrome、右上の縦点3つ、設定、Chromeについて、でバージョンが確認できる

WindowsパソコンやMac、ChromebookのChromeも、最新バージョンにしておきましょう。

準備は以上です。これでリーティングリストを効率よく使えます。

【Androidスマートフォン】リーディングリストの使い方

後で読みたいページを開く
後で読みたいページを開く

まずは、後で読みたいページをChromeで開いてください。画面右上の縦に点が3つの箇所をタッチしてください。

一番上の星マークをタッチ
一番上の星マークをタッチ

開いてください。上部に☆マークがあります。ここをタップすると、ブックマークすることができます。

リーディングリストを選択
リーディングリストを選択

リーディングリストという項目があります。ここをタッチしてください。これで、リーディングリストに追加されました。

スマホからパソコンでリーディングリストに追加したページが読める
スマホからパソコンでリーディングリストに追加したページが読める

パソコンのChromeを開いて、右上にあるリーディングリストをクリックします。Androidスマホで追加したページが入っています。じっくりと読みましょう。

【iPhone】リーディングリストの使い方

後で読みたいページをiPhoneで開く
後で読みたいページをiPhoneで開く

まずは、後で読みたいページをiPhoneのChromeアプリで開いてください。iPhoneに最初から入っているSafariではなく、Chromeです。Chromeが入っていない方は、App StoreからChromeを入れてください。

上のアドレスバーの右端にある、共有ボタン(四角に上矢印)をタッチします。

右上の共有ボタン
後で読むをタッチ

少し下にいくと、後で読むという項目があります。後で読むをタッチしてください。これでリーディングリストに追加されました。

リーディングリストからiPhoneで後で読むに追加したページが読める
リーディングリストからiPhoneで後で読むに追加したページが読める

パソコンかMacのChromeを開いて、右上にあるリーディングリストをクリックします。iPhoneで追加したページが入っています。iPhoneで追加するときは、後で読むという項目になっているので注意しましょう。

リーディングリストをうまく使おう

プラグインやアプリを別途いれる必要がないリーディングリスト。Chromeをメインで使っている方は、今すぐ使える便利な機能です。Androidスマートフォンでも正式に使えるようになりましたので、うまく使ってみてください。同期速度も速いので、スマホで気になっていたページを、パソコンの大きな画面でじっくりと読める、とても使い勝手の良いサービスです。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました