スマートフォンのブラウザーを正しく使う

アイキャッチ画像
スポンサーリンク

意味もなくスマホを手に持ち、なんとなくダラダラとネットをする毎日。無駄だと思っても止められません。次から次に気になる情報が目に入ってくる情報。いつも見ているあのサイトも開きっぱなしで、時間はただただ過ぎていくばかり。

あれもこれも情報をチェックしていては、時間がいくらあっても足りません。この世で唯一平等に与えられているのは時間だけ。そんな時間も、死んでしまったら止まってしまいます。

無駄に時間が過ぎてしまうなら、使い方を考えるしかありません。現代人が一番使っているであろうスマホのブラウザー。時間を無駄にしない使い方を考えました。

ブラウザーとは

まず、ブラウザーについて説明します。iPhoneだとSafari、AndroidスマートフォンだとChromeといったものが、ブラウザーと呼ばれるものになります。パソコンだと、インターネットエクスプローラー、Firefoxといったものもあります。

ウェブブラウザ(インターネットブラウザ、web browser)とは、 World Wide Web (WWW) の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページを画面や印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。

ウイキペディアから引用

余計に分からなくなってしまいました。簡単に説明すると、Webページを見るためのものです。大好きな芸能人のページや、面白い情報満載のブログや、くだらないニュースが満載のYahoo! JAPANなど。何かを見るときに使っているものです。

ブラウザーというものがあるおかげで、インターネット上の情報を見ることができます。

今日やるべきことしかタブを開かない

今のブラウザーは、どれだけでもページを開くことができてしまいます。タブと呼ばれる機能が常識になり、いくつものページをたくさん開いておくという使い方が主流です。

たくさんのサイトを開けば開くほど、処理は重くなっていきますが、現代のスマホは高性能になりました。10個や20個のサイトを開いたぐらいでは、あまり動作は遅くなりません。

そのせいで、たくさんのサイトが開きっぱなしになっていませんか。

ブラウザーのタブ

タブの数字が多くなっていませんか

あれもこれも開いてしまっているから、なにかに集中できません。集中するために、開くサイトを厳選するルールを決めましょう。

朝起きたときに調べたいサイトだけ開く

よく使うからといって、常にYahoo JAPANを開いておく必要はありません。使いたくなったときに開けばいいのです。よく見ているブログも、ブックマークから見ましょう。

たくさんのWebページを開きっぱなしにしておくのではなく、その日調べたいことだけ開く。こうすることで、調べたいことに集中できます。

朝起きたときに、今日は何をするのか考えてみましょう。

スマホのブラウザーでタブを開いている

調べたいことだけタブで開く

この日の僕は、「WindowsのDTM、Photoshopで立体的な文字を作る、名刺のデザイン」この3つを勉強しようと思いました。

この3つのページだけを開き、他には何もないページを開かない状態で過ごします。暇があれば、スマホを手にとって、開いているブラウザーで調べます。スキマ時間の長さによって、調べるものを調整しましょう。理解するのに時間がかかることは後回しにし(Photoshopで立体的な文字を作る)、あまり時間のかからなさそうなこと(名刺のデザイ)について調べます。

仕事が終わって自由な時間ができたら、ガッツリと時間がかかることについて調べましょう。

今日1日で解決できなければ、そのままタブは開きっぱなしです。解決したらタブを閉じていきます。タブを閉じても、次から次に調べたいものが出てくるはず。一つずつ速やかに解決していきましょう。

こうやってスマートフォンのブラウザーを使うことで、無駄な時間を過ごすことなく、有効に時間を活用できるでしょう。

 

スポンサーリンク


アイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。