便利すぎるGalaxy Note8のスマート選択を解説

スポンサーリンク

Galaxy Note 8 の特徴は、ペンが標準でついていることです。ペンというデバイスを最大限活かすように、たくさんの機能が使えるようになっています。

エアコマンド解説

エアコマンドという機能に、様々な機能が搭載されています。その中でも1番面白い機能が、スマート選択です。

スマート選択をうまく使いこなすと、パソコンなんか要らないんじゃないかと思えるほどですが、色々な事がスマート選択で出来るため、使いこなすのが難しい機能です。

今回はスマート選択の使い方を解説します。

スマート選択の立ち上げ方

とくに設定を変更していなければ、ペンを引き抜くと、エアコマンドが表示されます。

その中に、スマート選択のアイコンがあるのでタッチしてください。

Sペンのサイドボタンを押してもエアコマンドが起動します。ペンを引き抜いたときに、エアコマンドが起動しないように変更した方は、画面から1cm以内の高さにペン先をおいて、Sペンのサイドボタンを押してください。

スマート選択でできること

  • 写真の切り抜き
  • 選択した範囲の文字を抽出
  • 動画をGIFに

こんな便利機能が、いつでも使えます。これをノートPCでやろうとすると、専用のアプリケーションが別途必要になりますが、Galaxy Note8なら、標準の機能で使えます。

写真の切り抜き

Photoshopなどの高価なアプリケーションがなくても、スマート選択を使えば、簡単に写真の切り抜き加工ができます。

  • 写真を撮る
  • 撮った写真を表示する
  • エアコマンドを起動する
  • スマート選択を起動する
  • なげなわを使って切り抜きたい写真を囲む(長方形や楕円でも可)
  • 自動選択を選ぶ
  • Galaxy Note8が切り抜くラインを認識する
  • 右下の保存を押して写真を保存する

スマート選択で写真を切り抜く流れです。切り抜く手順が少々ありますが、慣れてくるとサッと写真を切り抜けます。

Galaxy Note8が物体を認識しやすいように、写真の撮り方を工夫すると、より綺麗に物体を切り抜いてくれます。

選択した範囲の文字を抽出

写真に写っている文字をスマート選択で選択してやれば、文字を抽出できます。抽出した文字は、コピーして他のアプリで使えます。

名刺をGalaxy Note8で撮り、ギャラリーアプリで撮った名刺を表示させ、スマート選択でURLやメールアドレスを選択してやれば、URLやメールアドレスをコピーできます。

いちいちURLやメールアドレスをソフトウェアキーボードで入力する必要はありません。

名刺の文字は細かいので、出来るだけ明るいところで撮影し、名刺の文字がはっきりと分かるように撮影しましょう。

動画をGIFに

観ている動画をGIFにできます。GIFというのは、写真をパラパラ漫画のように表示する機能です。

  • 動画を再生する
  • エアコマンドを起動する
  • スマート選択を起動する
  • 右上のGIFアニメーションをタッチ
  • GIFにしたい範囲を調整する
  • 赤い録画ボタンを押す

  • 停止ボタンを押す

-右下の保存を押す

保存したGIFは、友達に送ったり、SNSでシェアできます。著作権がある動画の扱いには気を付けてください。

動画みたいな感じになる

スマートフォン断トツの便利さ

同時期に発売されたiPhone Xで同じようなことをするには、アプリが必要です。アプリを立ち上げて、アプリから指示しないといけませんが、Galaxy Note8なら標準機能になっています。

機能ごとにアプリを使い分けなければいけないiPhoneと違って、Galaxy Note8ならスムーズに実行できます。この楽チンさを知ってしまうと、もうiPhoneには戻れません。

使い方が難しい面もありますが、使っていくうちに、この便利さが分かっていきます。

スマート選択をうまく使って、仕事やプライベートを充実させましょう!

その他のGalaxy Note8に関するブログ記事
Sペンはマウスとタッチパッドを超える使いやすさ | しあわせなITせいかつ
Galaxy Note8とは
Galaxy Note8機能解説〜エアコマンドとは

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。