iPhone5sを有効活用する~Googleマップ専用機に~

スポンサーリンク

iPhone5sが思った以上に使えるので、枯れ切ったiPhoneの使い道を考えています。

先日、Bluetoothイヤホンと組み合わせることで、音楽プレイヤーとして大活躍することは紹介しました。

中古のiPhone5sを購入してSpotify専用マシンに | しあわせなITせいかつ

音楽プレイヤー以外にも、有効的な活用法があります。

ナビ専用機

iPhoneの正確なGPSを活かして、Googleマップを使いましょう。

マップではなくGoogleマップを使う

iPhoneにはマップというアプリが入っていますが、地図の精度がまだまだです。圧倒的な情報量を誇る、Googleマップを使いましょう。

App Storeアプリから「Googleマップ」と検索して、GoogleマップをiPhoneに入れましょう。

Googleアカウントを取得していない方は、Googleアカウントを取得しておきましょう。Googleマップで検索した場所や住所、お気に入りの場所などをクラウドに保管することができます。アカウントを作っておくことで、パソコンやタブレットのGoogleマップでも、同じ地図データを使うことができます。

Androidより優れているiPhoneのGPS

AndroidのGPSは、何故かよく狂います。最近のAndroidスマートフォンはだいぶましになりましたが、現在地を認識してくれなかったり、歩いている方向が逆になることがあります。

iPhoneのGPSは、Androidとは比較にならないほど正確です。4年前のiPhone、iPhone5sでも、最新のAndroidスマートフォンに引けを取りません。iPhoneからAndroidに乗り換えてしまった人も、家で眠っているiPhoneをナビ専用機として使いましょう。

テザリング機能で通信する

古いiPhoneの契約を切り替えてしまって、SIMカードが認識しない状態になっているかもしれません。docomoのiPhoneや、SIMフリーのiPhoneなら、格安SIMカードを使えますが、SIMカードが使えないiPhoneもあるでしょう。

  • スマホのテザリング機能を使う
  • モバイルWi-Fiルータを使う

今使っているスマートフォンの契約で、テザリング機能が使えるようになっていれば、そのスマホ経由で古いiPhoneは通信できます。iPhoneからiPhoneに乗り換えた方は、同じアップル IDを使っていれば、すぐにテザリング機能を使えます。

Androidスマートフォンを使っている方は、設定、接続、テザリングからオンにしましょう。

地図は電池が減る

GPSを使う上に、常時画面が点灯している地図アプリは、一番バッテリーを消費する機能です。メインのスマホとは別に、地図専用iPhoneがあれば、バッテリーの消費を分散できます。

自宅に眠っているiPhone5sなどの古いiPhone。ナビ専用マシンとして有効活用しましょう。

 

スポンサーリンク





ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。もしよかったら購入してください。アフィリエイト収入として、売り上げの一部が入ってきます。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。