レッツノートのFnとCtrlキーを入れ替える方法




日本メーカーで有名なパソコンといったらレッツノート。スーツを着た人たちがよく使っていますが、とてもキーボードが打ちやすいので、老若男女に人気のパソコンです。

打ちやすいキーボードですが、ややキーボードのキー配置が特殊なため、少々使いにくいと感じる人もいるでしょう。

レッツノートのFnキーとCtrlキー
FnキーとCtrlキーの位置が逆

一般的なパソコンのキーボードは、Ctrlキーが左下にきます。キーボードショートカットの操作をするとき必用になるのがCtrlキー。このキーが通常と逆だと、ミス操作をしてしまいます。

レッツノートのFnキーとCtrlキーの位置が違うとは

キー配置

キーボードのキー配置が、やや変則的です。

デスクトップパソコンのキーボード
デスクトップパソコンのキーボード
レッツノートのキーボード
レッツノートのキーボード

上が普通のキーボード、下がレッツノートのキーボード。同じように見えるキーボードも、こうやって比較すると違いが見えます。

  • 左上の「半角 全角」「Esc」キー
  • 左下の「Fn」「Ctrl」キー

以上2点が違うところ。この2つのキーは重要なキーです。一番左上と左下にあるので、指を端まで伸ばして直感的に操作できます。

半角全角は日本語と英語の切り替えに使用。Ctrlは複数のキーを組み合わせて使う、ショートカットという操作をするときに使います。

一般的なキーボードだと、それらのキーは一番端にありますが、レッツノートは一つ内側に入っているため、操作をするときに手元を見てしまいます。

手元を見てしまうと、どうしても作業効率は落ちます。下を見ることなく、タタタとタイピングできることが、仕事をするには大事なポイントです。

購入したレッツノート

これまでに購入したレッツノートは以下のとおり。

どれも中古で購入したが、十分に戦力として使えるノートパソコンだ。

レッツノートのFnとCtrlキーの入れ替え方法

レッツノートを再起動してください。電源が一度落ちて、再び立ち上がってくると、

F2キーを押す

Panasonicというロゴが表示されるので、これが表示される前に、F2キーを連打。F2キーとは、一番上の段にあるキーです。

F2キーはこの位置

このキーを連打すると、BIOSという画面になります。機械っぽい味気ない画面になりますが、落ち着いて操作しましょう。

矢印キーの右を1回 矢印キーの下を3回押して、F5かF6キーを押して切り替える

キーボードの矢印キーを使って、「メイン」という項目に切り替え、矢印キーの下を押して、

  • Fn/Ctrlキー    標準]という項目を選択し、
  • F5かF6キーを押して、「入れ替え」に変更する。
Enterキーを押して終了する

あとはF10キーを押し、「はい」を選択しEnterキーを押して終了。

これでFnとCtrlキーが入れ替わります。見た目はFnになっていますが、実際はCtrlキーになります。しっかりと覚えておきましょう。

Ctrlキーは一番左下にあったほうがいいので、この記事を読んでBIOSから変更しましょう。

上記サイトに、中古のレッツノートが販売されています。これまで中古のレッツノートを3台使ってきましたが、中古でも十分に使えるノートパソコンがレッツノートです。自分にあった1台を探してみてください。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。