Windowsに最低限必要なメモリは6GB

使っているパソコンのストレージの種類が分かる。
スポンサーリンク

安いWindowsパソコンを購入すると、メモリーが4GBのものがほとんどです。Windows10は軽量なOSなので、4GBでも結構快適に動きます。まずまず快適に動きますが、これはSSDやeMMCのおかげです。

 メモリーを使い切ってしまっても、読み込み速度の速いSSDやeMMCで処理できるので、固まることなく使えます。そんなパソコン界の常識を、身をもって感じました。

先日2万以下で購入したLenovo ThinkPad X230の中古ですが、入っていたメモリーは4GBでした。4GBのメモリーが1枚入っていて、もうひとつのメモリースロットが空いているかと思いきや、、、2GBのメモリーが2つ入っていました。

2GBのメモリーが2つ入っていた

2GBのメモリーが2つ入っていた

4GBのメモリーが一つで隣のメモリーが空いていると思い、簡単に8GBに増設する予定だったのに、、、

落ち込んでも仕方がないので、用意しておいた4GBのメモリーを使って6GBに増やしました。基本的には2+2、4+4が良いというのがコンピュータの常識ですが、4+2という変則的な組み合わせに。一応2GBメモリーが増えるので、少しは快適になるかなとは思いましたが、大きな期待はせず増設したところ、、、

 メッチャ快適!

時々カクついていた動作が、ほとんどカクつくことなく動くようになりました。

ハードディスクの場合はメモリー6GB必要

このThinkPad X230は、SSDではなくHDDです。300GBのHDDが入っています。

ハードディスクでストレージの速度を計測

明らかに遅い数値

ご覧の通りの遅さです。SSDなら10倍の速度は出ます。今どきあり得ない遅さです。HDDからSSDに変えなければ、快適にはならないかなと思っていましたが、メモリーが4から6GBに増えただけで、随分と快適になりました。

アプリを立ち上げてからも、ちょくちょく固まるような動作をしていたのですが、メモリーを6GBにしてからは、立ち上げているアプリは固まることなく動いています。

メモリーが4GBから6GBになったことで、一度に扱える容量が増えたからでしょう。複数のアプリを使って4GBを越えてしまうと、ストレージにアクセスしてデータを逃します。メモリーが4GBだと、ほとんどOSだけで使ってしまい、残りは1GBほどに。Chromeともうひとつアプリを立ち上げると、4GB以上メモリーを使ってしまいます。4GBを越すと、ストレージにアクセスしますが、ハードディスクだと読み書きの速度が遅いので、カクついてしまいます。

メモリーが2GB増えたことで、ハードディスクにアクセスせず動くようになり、固まることがなくなりました。最近のパソコンは、SSDやeMMCを搭載していますが、古いパソコンでハードディスクを使っている方は、メモリーを6GB以上にしましょう

 SSDやeMMCはメモリー4GBでも可

メモリーは多いのに越したことはありませんが、SSDやeMMCのパソコンなら、メモリー4GBでもまずまず快適です。

コンパクトで軽いノートパソコンやタブレットは、メモリーやストレージを付け替えられないものばかり。4GBのメモリーでも、SSDやeMMCを搭載していれば、それなりに快適に動きます。メモリーがいっぱいになっても、読み込み速度が速いストレージがあるからです。

自分の使っているパソコンが、どういった保存領域(ストレージ)を使っているのか、一度確認してみましょう。

  1. Windowsキー + Eのキーを同時押し
  2. Cドライブと書かれている所を右クリック
  3. プロパティをクリック
  4. ツールタブをクリック
  5. ドライブの最適化とデフラグの最適化をクリック
  6. メディアの種類が表示されています

この手順で、自分が使っているパソコンが、ハードディスクかSSDか確認できます。

CPUも高性能なほうがいい

僕が使っているThinkPad X230のCPUは、Core i5 3320MというCPUが搭載されています。6年前の機種といってもCore i5。今でも馬力のある処理能力です。

CPU Score Multi:250

シネベンチのマルチスコアが200以上なら、メモリー6GBあれば、ハードディスクでも十分に快適です。

内蔵グラフィックでメモリーを使っている

ほとんどのノートパソコンは、内蔵グラフィックで映像を処理しています。搭載されているメモリーの一部を、グラフィック処理のために使います。

4GBのパソコンだと、数百MBは映像を処理するために使われています。4GBといっても、実質は3GBとちょっとぐらいになってしまいます。

 中古Windowsパソコン購入の際に目安にする性能

メモリー6GB以上、ストレージはハードディスクでも可、CPUはCore i5。この条件を満たしていれば、ストレスなく快適に使えるでしょう。

 CPU:Core i5、RAM:6GB、HDDでも可

 安くノートパソコンが欲しい方は、この条件を目安にして探しましょう。

 

スポンサーリンク


使っているパソコンのストレージの種類が分かる。

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。