中古で購入したThinkPad X230。メモリー交換方法に続いて、SSDへの換装方法を紹介します。

メルカリで2万以下のノートパソコン購入方法

不要なものを売るといったらメルカリ。ここでヤフオクと言ってしまうと、昔からのガジェットオタクだとバレてしまいます。そんな僕はヤフオク派。不要になったガジェット…

パソコンの使用感を劇的に改善するには、HDDをSSDに変えるのが一番。メモリーを増やすより、体感できる速さは段違いです。

SSDとは

ソリッド ステート ドライブ の略。HDDと比べて、データを読み書きするスピードが10倍以上早い。最近のノートパソコンには、ほとんどの機種でSSDが使われている。

ThinkPad X230 はストレージの蓋が取れるようになっており、簡単にSSDを換装できます。どうやったらHDDからSSDに載せ替えることができるのか説明します。

ThinkPad X230 SSD交換に必要なもの

  • プラスドライバー
  • 厚み7.0mmのSSD

この2つを用意してください。厚みが9.5mmのSSDは入りませんので、購入前にサイズをしっかりと確認してください。

プラスドライバーは普通のサイズ。いたって普通のドライバー。

SSDの厚みは7.0mmのモノを用意してください。

SSDの価格が急速に下がっています。240GBのSSDが4千円を切る値段で買えるようになってきました。200GB以上の容量があれば、ほとんどの方は困らないでしょう。

ThinkPad X230のSSD交換手順

本体を裏返す

ThinkPad X230 の表面
これが表面
ThinkPad X230 の裏面
こちらが裏面

まずは裏を向けます。写真上にボコッと出ているバッテリーは、外しておきましょう。

バッテリーも簡単に外れます

プラスドライバーでネジを外す

メモリーを換装するときと同じように、プラスドライバーでネジを外します。

一箇所だけネジで止まっています。

HDDを取り出す

黒いビニールのようなものを引っ張ると、HDDを引き抜けます。

ケースに入ったHDDが出てくるので、HDDを取り外します。

ストレージのケースを取り外す

左右の黒いバンパーのようなものを手で取り外した後、ネジをプラスドライバーで外します。

SSDをケースに装着する

取り外したのと逆の手順で、SSDをケースに装着します。

SSDを本体の中に入れる

蓋を取り外した時と同じ状態にします。黒いビニールをうまく中に入れましょう。

ネジを止めて完了

蓋のネジを止めれば、SSDへの換装は完了です。あとはWindows10をクリーンインストールするだけです。

Windows10のインストールUSBメモリーを差す

これまで使っていたデータを引き継ぐより、Windowsをクリーンインストールしましょう。最初の状態に戻るため、パソコンが快適になります。

Windows 10 のダウンロード

上記サイトから、Windows10のインストールデータをダウンロードし、USBメモリーに書き込みます。

8GB以上のUSBメモリーが必要になります。1,000円程度で買えますので、一つ購入しておきましょう。

Windows10のインストールメディアを作ると、中に入っているデータは消えます。必要なデータは、予め他のメディアなどに移動しておきましょう。

電源ボタンを押したら、F1キーを連打してBIOSに入る

Windows10をクリーンインストールして、Lenovo ThinkPad X230を使える状態にもっていきましょう。

電源を入れてLenovoのロゴが表示される前に、キーボードの右上のほうにある、F1キーを連打します。 見慣れない画面が表示されますが、これがBIOSという画面です。 BIOS画面になったら、F12キーを押します。起動ディスクを選択する画面になったら、十字キーでUSBメモリーを選択して、エンターキーで決定します。

あとは画面の指示通りに進めていきましょう。トラックパッドで操作できます。

Lenovo Vantageからドライバーを入れる

Windows10のインストールが終わったら、Microsoft Storeに行き、Lenovo Vantageというアプリを入れます。

システムの更新というのを選択して、ドライバー類を入れます。ドライバーのインストールが終わると、ThinkPad X230のSSD換装化は終了です。

SSDに換装すると激速で圧倒的な快適さ

体感速度が違いすぎて、新しいパソコンを買ったかのようです。電源ボタンを押した後の立ち上がりの速さがSSDは30秒ぐらい、HDDは2分ぐらい待たされます。

起動した後の快適さも段違い。アプリを立ち上げたときのカクつきもなくなりますし、データの移動やコピーもサクサクです。

作業の難易度 2点(まぁやさしい)

メモリーの換装より、少し手こずるかもしれません。HDDからSSDに交換した後、Windows10をインストールしたり、ThinkPadのドライバーを入れる必要があるからです。

手順通りに進めていけばいいので、そこまで難しくありませんが、部品を交換しただけでは終わらないので、2点という評価です。ストレージの場所が明確に分かりますし、ストレージだけしか触れないので、落ち着いて作業すれば大丈夫です。慎重に作業をしましょう。

メモリーを換装した後は、SSDも換装し、最強のノートパソコンを完成させましょう。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です