【OSインストール】Windows10のUSBメモリーはUEFIブートできないため作り直す必要あり

スポンサーリンク
UEFIブートできないアイキャッチ Windows
Windowsパソコン

Windows10のインストールは、USBメモリーを使ってできます。昔はDVDなどのメディアでインストールしていましたが、今はUSBメモリーでインストールできます。

Microsoft Windows 10 Pro | 32bit/64bit 日本語版 1ライセンス *USBフラッシュドライブバンドル

 

こういったものを購入し、同梱されているUSBメモリーを挿してインストール、、、できるのかと思いきや、色々と問題が発生しました。

買ってきたWindows10のパッケージに入っているUSBメモリー(シルバーとブルーのオシャレなUSBメモリー)でインストールすると問題が発生します。

このUSBメモリーではUEFIブートができないため、AHCI(BIOSブート)になってしまいます。

たくさんの自作PC本を読み、SkylakeのマザーボードにWindows10をインストールするときは、UEFIブートを選択するようにと書かれているのに、UEFIブートの項目がなかったのです。自動でUEFIブートしてくれているのかと思っていましたが、そんな気の利いたことはしてくれないようです。

UEFIブートでWindows10をインストールするには、DVDにWindows10を入れるか、とある方法を使い、UEFIブート可能なUSBメモリーを作る必要があります。

スポンサーリンク

Rufusというソフトを使ってUEFIブートできるUSBメモリーを作る

普通にUSBメモリーにWindows10のデータを入れても、最初から付いているUSBメモリーと同じです。UEFIブートができるUSBメモリーを作るには、「Rufus」というソフトを使います。このソフトを使ってUSBメモリーにWindows10のISOデータを書き込みます。そうすれば、UEFIブート可能なUSBメモリーが出来上がります。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Windows10のデータは上記のページからダウンロードしてください。買ってきたUSBメモリーに入ったデータじゃなくても大丈夫です。買ってきたWindows10に同梱されている、プロダクトキーを打ち込めばオッケーです。

Windows10 を GPT パーティション形式にした SSD にクリーンインストール

rufusの使い方は、上記のブログ記事を参照のこと。そんなに難しくないので、すぐにUEFIブート可能な、Windows10のデータが入ったUSBメモリーができるでしょう。

UEFIブート可能USBメモリーを差し込んで順番にインストールしてけば、無事に新しいマザーボードに対応したWindows10が完成します。

UEFIブートでインストールすると、Windows10の起動が早くなったり、2TBを超える容量のHDDを、OSの起動ディスクにすることができるようになります。そこまで大きなメリットはないかもしれませんが、最初にしっかりとやっておかないと、後から変更はできません。再度Windows10をインストールし直すことになりますので、必ず最初にUEFIブートでWindows10をインストールしましょう。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

  1. 匿名 より:

    大変詳しい説明 納得できました。
    有難う ございました。

  2. 匿名 より:

    このページを参考にインストールディスクを作成しました。
    助かりましたありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました